誰も知らない甲賀の「くノ一&キッズ忍者コンテスト」に潜入してきた(前編)

こんにちは、Ninjack編集忍です。 ゴールデンウィーク、たっぷり忍んでますか? 5月3日に甲賀の里忍術村で行われたミスくノ一コンテスト&キッズ忍者オーディションに潜入して来ました。

[wp-svg-icons icon=”point-down” wrap=”i”]イベントの概要はこちら! [blogcard url='http://ninjack.jp/audition-01/' width='' height='' class='' style='']

忍者関係のイベントに行くとだいたい一人くらいは忍者関連の知り合いが来ているものですが、このイベントはマイナーなのか、知り合いの忍者さんが全くいませんでした! — ということは…このイベント、ほとんどの人がその内容や面白さを知らないんじゃないの?
実際このイベントを拝見してみてめちゃめちゃシュールでツッコミどころも満載で面白かったので、それはそれは詳細にレポートしていきたいと思います! 会場である甲賀の里忍術村に行くには、JR草津線の甲賀駅にて下車します。 駅前には忍者の銅像があるのですが、その手に持っているのは手裏剣や忍者刀ではなく… — これは薬を調合するときに使う器具「薬研(やげん)」だ!
甲賀忍者は大変薬を作るのが得意だったことからシンボルとして薬研を用いているようです。 甲賀市には日本でも有数の製薬会社がひしめいており、甲賀忍者の末裔たちが製薬の道へと進んだのでしょうね。 駅前から車で送迎してもらって走ること5分ほど。 甲賀の里忍術村に到着しました!

ついに始まった運命のオーディション!

会場は忍術村内のステージ広場。 ここでミスくノ一&キッズ忍者オーディションが催されます。 — 観客席には亀仙人の弟子まで来ているではないか…!
突然の亀仙流継承者の出現で、天下一武道会よりもミスくノ一オーディションの方が見応えがあることを物語っていますね。 オーディションを取り仕切るのはこちらのお三方です。 忍術村村長の柚木俊一郎さん。 この忍術村を30年以上前にたった1人で作った人物で、その昔萬川集海の現代語訳陽忍編を出版した忍者研究家でもあられる御仁です。 — 出で立ちがいかにも上忍っぽくて素敵だ…!
そしてこちらが昨年のミス女忍者であった梁井玲奈さん。 今年は審査員として参加されるようです。 — 写真で見るよりめっちゃ美人じゃないですか…!
そして司会を務めるのは、甲賀流忍者タレントとして甲賀のローカル番組やイベントに引っ張りだこの前川保志花さん。 今日も安定的なステージコントロールをしてくださることでしょう! — 生で見たの初めてだけど綺麗なお姉さんすぎるー!
すでに綺麗なお姉さんがたくさんいらっしゃって、この後のオーディション、理性が保てるか心配になって来ました…! 今回のオーディションに応募があったのは… [wp-svg-icons icon=”profile” wrap=”i”] ミスくノ一:64人 [wp-svg-icons icon=”profile” wrap=”i”] キッズ忍者:102人 もの人数であり、その中から書類審査でくノ一は6名、キッズ忍者は14名まで絞られてここに集結しているようです! — 実はそんなに応募者がいたなんて…!
本審査に参加する総勢20名のくノ一と忍たま候補生が、やる気満々で拳を上げ、いよいよオーディションがスタートいたします!

ミスくノ一のスピーチ&自己PRタイム

まずはミスくノ一の座をかけて6名の女性が、スピーチと自己PRを行います。

お姉さんを追いかけミスコン参加へ

エントリーNo.1の方は、なんとお姉さんが第29回のミスくノ一になっていらっしゃったとか! 20歳になったら自分も応募したかったと、今回兵庫県からいらっしゃっていました。 1分間の特技PRでは、得意のダンスを披露! — え、別に忍者関係なくってもいいんだ…
忍者関係ないけど、バッチリとセクシーにダンスを決めて来ます! 4年前のお姉さんの時はどんなパフォーマンスをしたのか、気になりますね!

微妙すぎて伝わらない得意技

続いてエントリーNo.2の女性は、滋賀県の18歳の可愛らしいお嬢さんです! 叔母さんから勧められて応募したんだそう。 そして特技披露は何をやるのかと思ったら、こんな発言が…!

「マッサージが得意なので肩揉みします」

— 地味だ…地味すぎる…!ミスコンで肩もみはなんとも地味すぎる!!笑
思わず心の中でツッコんでしまいましたが、でもこういう子って可愛いですよね! モデルとなった梁井さんも「少し強めでお年寄りにはいいかもしれません」とのこと。 — どうしよう、そのすごさが全くこっちに伝わってこないw
審査員長の柚木さんにマッサージすれば、おまけポイントがもらえたかもしれなかったですね!

浴衣美人図

エントリーNo.3は、はるばる石川県からいらっしゃった浴衣美人さんです。 — 浴衣はやっぱりいいですなぁ
特技は似顔絵とのことで、なんと柚木さんの似顔絵を制限時間内に描きあげるようですよ! ちなみにこのちびっこが、前のめりでくノ一のお姉さんを見つめていました。 — ちびっこ、お主も拙者と同志か…
実際周りは参加者の父兄のみなさんばかりで、普通に見ているのは僕かこのちびっこくらいのもんでした(笑) そして完成した似顔絵、柚木村長にめちゃめちゃ似ています!

綺麗なんだけどさすが忍者キタナイ

エントリーNo.4は山口県からお越しの短大生! — ヤバい!このお姉さんめっちゃタイプだー!
叔母が甲賀に住んでいることから、昔連れて来てもらった忍者村の楽しさが忘れられずに今回応募されたそう。 するとどこからともなく、あのニンニンジャーのエンディングBGMが流れはじめ、わっしょい忍者ダンスを踊ってくれました! 観客の子供達もノリノリです! — サマになるわー。過去最大に最高なニンニンジャー踊りだわー。
そして少し手の込んだ自作の手裏剣を客席へとばら撒きます! — これは…賄賂!さすが忍者きたない!
子供達もよってたかって賄賂の手裏剣を拾いに殺到します。 同志のちびっこも無事に手裏剣を手に入れられたようで、よかったですね。

パワーリフティング忍者!

エントリーNo.5として現れたのは、滋賀県からお越しの女性。 なんとパワーリフティングで県内で記録を持っているらしく、今日はパワーリフティングとはなんぞやを教えてくださるそうです! — 特技ってほんと何でもありなんかーい!
実際のバーベルは重いので、ただの棒とフェルトの重しを使って解説します。 — なんかこれもあんまスゴさは伝わらないけど…太ももの筋肉が本物だと物語ってる!
スクワット、デッドリフト、ベンチプレスのやり方を教えてくれました。 — 笑顔がすごく素敵ですね!でも何でパワーリフターがくノ一になりたいと思ったんだろう…
さすが忍者の世界は謎ばかりです。

本格派の殺陣がすごい!

そしてエントリーNo.6は、石川県からいらしたこちらの一見普通の女の子。 甲賀忍法帖、バジリスク、SHINOBIが好きで、甲賀忍者に憧れて応募されたようです。 刀を取り出したと思ったら… — すごい!これはかなり圧巻な殺陣!動きも本格的だ!
そして傘を取り出して… 舞います! — うーん、この子だけ群を抜いて忍者レベル高かったぞ!
こうして6名のPRタイムが終わりました。 この後ミスくノ一候補生たちは忍者衣装に着替えて、次の審査項目へと移ります。 その間に、同時開催されるキッズ忍者オーディションの忍たま候補生たちによる作文発表と得意技披露の時間です!

キッズ忍者オーディションがかわいすぎる!

キッズ忍者オーディションは今年で第1回目の開催です。 作文の発表と自分の得意技をアピールするPRタイムで忍者への熱い意気込みを審査してもらいます。 それではちびっこたち、元気に行ってみましょう!

兄弟で忍者ごっこ!

まず壇上に出て来たときは、かっこいい忍者ポーズを決めて… 的に向かって手裏剣を打ちます。 その後、作文を読んで特技のPRタイムとなります。 こちらのおにいちゃんは「武将も好きだけど今は忍者の方が好き。だって武将ではできない技や術が忍者にはできるから」だそうです。 — 武将も好きでありながら忍者に目覚めるとは…お目が高いね!
こちらの妹ちゃんは「わたしはおにいちゃんとよくにんじゃごっこをしていて、だいこくばしらにしゅりけんたてたりしています」とのこと。 — 大黒柱って家の中央の柱ってことだよね?お父さんのことを形容してるわけじゃないよね?
もしそうだとしたら一家の大黒柱のお父さんは、いつも危険な目にあっていることでしょう。 特技PRの時間では、兄弟で殺陣を披露してくれるようです! — すごい、結構ちゃんとやってる!
— お兄ちゃん飛んだー!!
妹ちゃんがピンチ! というところでしたが、妹ちゃんが地面の砂を掴んでお兄ちゃんの目に投げつけます! お兄ちゃん「しまった!何も見えないよー!」 結果、お兄ちゃんが負けてしまいました。 — この構成、きっと忍者好きのお兄ちゃんが作ったんだろうな…お兄ちゃんやるな!
大きくなったらぜひ忍者ショーの構成作家になってね!

超忍者的少年現る!

愛知県から来たまだ5歳の男の子が、なかなか忍者忍者してました。 「ぼくは、にんじゃになるために、はしりそくてんや、さかだちあるき、ばくてんのれんしゅうをしています。かっこいい、にんじゃになるぞー!!」 すごく元気に「忍者になるぞー!」と宣言したボク。 この後の特技披露タイムが仰天ものでした。 — 5歳で三点倒立って…まじか!
— 逆立ちで歩いてるー!
— 立ちからの…
— ブリッジで歩くとは…
— しかもそこから直った!
いや、若干5歳でこの身体能力は半端ないですよ。 忍者になりたくて今頑張って体操を練習しているのであれば、そのまま極めて立派な忍者になって欲しいですね!

Ninjackイチオシの7歳と呑みたい

この渋い顔をしている7歳の男の子、Ninjack編集忍のイチオシ忍たまです。 今回一番忍者の知識を持ってて、それを披露してくれた子かもしれません。 作文ではこのように話してくれました。 「にんじゃってすごいね。ぼくは本を見てにんじゃが大すきになりました。とくにたたかうすがたがかっこいいです。すきなにんじゅつは、かくれみのじゅつで、すきなぶきは刀とくないです。刀は下げお七法ができるし、くないは刀のかわりとか、しゅりけんのかわりになげられるし、石がきをのぼることもできるからです。にんじゃになって、いろんなぶきやにんじゅつをもっとしりたいです。わなやしかけもたくさんしりたいです。」 — 下げ緒七法を知っている小学1〜2年生がいるだなんて…!
下げ緒七法とは刀についている下げ緒を使った7つの用法をいい、忍者が夜襲をかけたり野営をするときに使ったとされています。 そして今回、その用法を1つ見せてくれるそうです! — 下げ緒ぽいなんか白い紐出て来たー!
お兄さんが斬りかかろうとしたら、それをすかさず巻き取って… 刀を取ってしまいました! — これは…槍停めの法じゃないか!
下げ緒を使った忍術解説は、だいたい兵を登るときに口に咥えるか、座探しの術くらいしかないのに、こんなマイナーなところを突いてくるなんて! そしてこれだけでは終わりませんでした。 ステージ最上段の暗いところへと行ってしまいました。 何やら布を取り出して何かしようとしています。 お兄さん忍者がそこに近づこうとすると、なんと隠れ身の術を使ったではありませんか! — か…可愛すぎる…!
まんまと敵をやり過ごせた少年。 彼はかなり本格的な忍術を知っていそうです。 — 自分はお酒、少年はQooでも一緒に呑みながら、ぜひ忍者の好きなところや忍術で語り合って盛り上がりたい!
個性豊かな忍たまやくノ一はまだまだたくさん現れますので、この後の続きもお楽しみに!

[wp-svg-icons icon=”point-down” wrap=”i”]後半へつづく! [blogcard url='http://ninjack.jp/kokacontest-02/' width='' height='' class='' style='']

[su_box title=”関連リンク・参考文献” style=”noise”] [wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”] 甲賀の里・忍術村 [wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”] キッズ忍者オーディション [wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”] ミス女忍者オーディション [/su_box]]]>