Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

メニュー

2019/02/22公開:映画『サムライマラソン』

2019-09-01
約 3 分
2019/02/22公開:映画『サムライマラソン』
公開日2019/02/22
出演佐藤健、小松菜奈、森山未来、染谷将太ほか
監督バーナード・ローズ
ジャンル時代劇
評価★★☆☆☆

あらすじ

外国の脅威が迫る幕末の世。安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、15里の山道を走る遠足を開催することに。しかし行き違いによって幕府への反逆とみなされてしまい、安中藩取り潰しを狙う刺客が藩士不在の城に送り込まれる。遠足参加中に藩の危機を知った安中藩士の唐沢甚内は、計画を阻止するべく走り出す。

イントロダクション

「超高速!参勤交代」の原作・脚本で知られる土橋章宏が、日本のマラソンの発祥と言われる史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を題材に執筆した小説「幕末まらそん侍」を、主演の佐藤健をはじめ日本を代表する豪華キャストの共演で映画化。「ラストエンペラー」のジェレミー・トーマスと「おくりびと」の中沢敏明が企画・プロデュースを手がけ、監督を「キャンディマン」「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」のバーナード・ローズ、音楽を「めぐりあう時間たち」のフィリップ・グラス、衣装デザインを「乱」のワダエミが担当する。

トレーラー

レビュー

配役・演技俳優陣の演技は素晴らしく、佐藤健と青木崇高がいる時点でさしづめ「るろうに剣心」の映画を思い出させ、殺陣も見ごたえがありました。とても豪華です。
ストーリーマラソンとサムライの設定は大変斬新で楽しみにしていたのですが、ストーリーとしてはかなり淡々としており、終わり方もあっけなかった気がしました…。その点は若干の消化不良感を感じました。
忍者的ポイント主人公が隠密ということもあり、忍者的描写については注目していましたが、手裏剣と殺陣の描写がかっこよく描かれていたのがGOODでした!また、ナンバ走りが出てきたのもよかったです。詳細は書けませんがいくつかの裏切りもあり、序盤で大方誰が裏切り者かは予想はできてしまいましたが、忍者的には騙し合いの描写があるのは嬉しいことこの上なし。ちなみに三重大学国際忍者研究センターと現代忍者の青龍窟氏が歴史や忍術指導をしている点も注目したいポイントです!あと2/22の忍者の日に公開したのもさすがでした!
全体俳優も豪華で映像も綺麗、忍者的注目ポイントもあってよかったのですが、心理描写が薄く映画のメッセージ性のようなものが感じられなかったため、全体的には★×2にしてしまいました…。脚本がもう少し練られていたらよかったかもしれません。ですがやはり出演される俳優陣は最高な顔ぶれですので、一度見てみてください!
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Feedly
Send to LINE