「逆に忍ばず型忍者」が街中で忍ぶときに気をつけたい法律5選

街中で忍ぶ者が急増中! NINJAとして日々お勤めの皆様、あいかわらず忍んでますか? 僕は平常運転で “溶け込み型” で忍んでます。 街中で「忍ぶ」 時、現代の忍者界では2つのタイプがあります。 1. 自分が忍者だって気付かれないように、街中の一般ピーポーに溶け込む ”溶け込み型” 2. わかりやすく忍者の格好をあえてすることで、逆に「こんな目立つ格好する奴が忍者なわけがない」と思わせる ”逆に忍ばず型” 僕は基本的に1.の “溶け込み型” ですが、この前2.の”逆に忍ばず型”を見つけてしまいました。 ある冬の寒いとき、浅草でぶらぶらしている時でした。 ふと横断歩道の向こう岸を見ると “逆に忍ばず型” の人がいるではありませんか。 IMG_1995_Fotorいやぁ、もうこれにはやられましたね。 “溶け込み型” の勢力が圧倒的だと思っていましたけど、こんなに”逆に忍ばず型”が勢力を伸ばしていたとは。 すべてのNinjaをJackすることをテーマにしている本メディアで、この辺の”忍び方勢力図”が書き換えられようとする動きを抑えられていなかったのは、恥以外の何でもありません。 やはり今年はニンニンジャーよろしく「忍びなれども忍ばない」の年だったのですね。 ※実際はこの忍者、おそらくJTBが提供する観光ツアー “サムライ & 忍者サファリ” の方だと思われます。

リスクが高いが確実な効果を発揮する”逆に忍ばず型”

  ”溶け込み型” も ”逆に忍ばず型” も、どちらも忍んでいることには変わりありません。 ”溶け込み型” は、まあ忍者だとバレる確率は低いでしょう。 でもゼロではないのです。 街に繰り出すたびに「今日はバレるんじゃないか」とヒヤヒヤしながら生活を送ることになります。 これでは心中穏やかなりませんね。 一方 ”逆に忍ばず型” は、遭遇した人々に対してまずいきなり”忍者!?” というワードを連想させてしまいます。
この人忍者だよね? いや、でも本当の忍者なら忍ぶよね? まさか忍者が忍者らしい姿で現れることないでしょ。 そうか、この人は忍者じゃないんだ! 忍者と思わせといて逆にただのコスプレ好きなんだ!
遭遇した一般人の思考回路はショート寸前ですが、最終的に脳の中でみんなこのような結論に落ち着くのです。 こう思われたらもうそれは忍者の勝ち。 一度”忍者ではない”と認識されればもう怪しまれることはありません。 まさに人間の心理、裏の裏をかいた忍術です。 この手の”逆に忍ばず型”の人々は、本当にやり手なので、皆さんも気をつけてください。

”逆に忍ばず型” が陥る法律違反の罠

  まだ”溶け込み型”一本で忍んでいるみなさんは、この秘伝の術を知ってしまったからには、きっと明日から”逆に忍ばず型”に転向することでしょう。 しかし、なかなかどうしてこれは上級の術。 素人がむやみに使うと、法律違反で警察に捕まってしまいます。 そこで明日から”逆に忍ばず型” になりたいみなさまに気をつけておきたい法律を紹介しましょう。
1. 著作権法
きっと誰でも一人は憧れの忍者パイセンがいることでしょう。 ハットリくん、サスケ、ドナテロ、シャドウ、力丸などのアニメやゲームのキャラ的パイセンから、服部半蔵、石川五右衛門、百地丹波、唐沢玄派などのリアルパイセンまで。 後者のリアルパイセンなら問題ありませんが、キャラ的だとやり方によっては権利者の権利侵害になる可能性があります。 個人で楽しむためにキャラ衣装をまとって忍ぶならば、”私的複製”の範囲なのでセーフです。 そこに”営利目的”が入ると著作物の無断複製にあたるため、NGとなります。 みなさんは忍者ですから、任務として街中に忍ぶのですよね? であればもちろん仕事のために忍ぶ=営利目的になるのでアウトですね。 憧れのキャラ的パイセンの格好で”逆に忍ばず型”を実施したいときは、オフの日だけにするか、リアル的パイセンの格好で我慢しましょう。
2. 道路交通法
みんなが使う道路のスムーズな通行を担保するための法律が道路交通法。 必要以上の混雑で道が通れないような事態にならぬよう、そのようなおそれがある行為をするには警察署の許可が必要です。 一人で忍者の格好をして歩くくらいなら基本的にはさほど実害はなし。 ただし、 「黄金の鉢金と髑髏の刺繍の入った装束の忍びと目があったら100%殺される」 と噂されるようなアサシン忍者の格好をしようとする場合は、そんな奴が現れると街中パニックになりますから、念のため警察に許可を得ておいた方がよいです。 また、一人ではなく大勢の”逆に忍ばず型”の方々と街中を闊歩する場合も、通行の妨げになりますので同様に許可を得てください。
3. 銃刀法
忍者として街に繰り出すときに、やっぱりなんかしら武器は持ちたいですよね。 背中に忍者刀をたすきがけにして、颯爽と街中を忍者走りで駆けたいところです。 ただ、刃渡6cmを越える刃物は携帯が禁止されています。 なのでるろ剣の四乃森蒼紫に憧れて”小太刀二刀流”を腰に帯刀なんぞしようものなら 「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん、ちょっとこっち来て」 ってなりかねません。 じゃあ「刃物じゃなくて”鎖分銅”だったらいいのか」「見えないように隠して持てばいいのか」というとまたそれもハードルがあるのですよね。
4. 軽犯罪法
刃渡り6cm以下の刃物や、刃物ではなくとも、正当な理由なく武器となり得るものを”隠して”所持していた場合は、軽犯罪法にひっかかります。 刃物には限らないのでトンファーとか吹き矢とかクナイでもダメです。 “正当な理由”が認められればいいのですが、職務質問を受けたときに 「あ、忍者さんでしたか。忍者さんだったら武器隠さないと意味ないですもんね。それは正当な理由ですわ」 となるとはちょっと考えづらいので、「忍者である」という以外に正当な理由は考えておいた方がよさそうです。 また、”隠して”というのがNGになっていますので、 「じゃあ堂々と見えるように持っておけばいいのか」 という活路も考えられますが、迷惑防止条例などで大抵の地域では 「他人に危害を与えそうなものを公衆に対し不安を覚えさせるような形で携帯しちゃダメ」 という規定がありますので、そっちでアウトになります。 なお、街中を忍ぶとは外れますが ” 人が住んでなくて警備もいないような家・船に正当な理由がなくひそんでいた人 ” もこの軽犯罪法の違反になってしまいます。 廃墟とはいえど、正当な理由を説明できる忍務以外で、建物や船の中に潜むのはやめましょう。
5. 刑法
くノ一の皆さまの中には、セクシー路線の方々もいらっしゃると思います。 ですがあまりに過激な装束は注意。 公然わいせつ罪に問われる可能性があります。 公然わいせつ罪への該当するか否かの線引きは「守るべき場所が守られているかどうか」。 隠すべきところは隠しましょう。 ただ、実は隠すべきところは隠したとしてもまた軽犯罪法において 「公衆でみだりに尻、もも、身体の一部を露出する行為」 も禁止されています。 うーむ、おそるべし軽犯罪法・・・ シチュエーションによるので、イベントなどであればその露出の高い衣装を見に来ている人達がいるので不快感を与えることはないと思いますが、街中で”逆に忍ばず型”で露出の高い装束を着用する場合は、線引きは気をつけていただければと思います。

忍びづらい世の中になったぜ・・・

忍者が”逆に忍ばず型”で忍ぶには、とても生きづらい世の中ですね。 ただこれらの足かせを全てクリアして街中で忍べたとき、それはもう忍びの中の忍び。 押さえるポイントは抑えて、忍ばずライフを楽しみましょう! ※法律の解釈に関し、この記事を元に逆に忍んでみて起こった事象については、本サイトでは一切の責任を負いかねます。  あくまでご参考とネタまでにとどめていただき、最終的には専門家にご相談ください。
関連リンク
]]>