【Nin-terview #011】全人類を愛知県民にする! 〜徳川家康と服部半蔵忍者隊「服部半蔵」〜

服部半蔵殿。 半蔵様は400年前の戦国時代から転生された忍者ですので、以下の点を考慮の上でお楽しみいただければと思います。 ・インタビュー中は「ござる口調」での会話でしたが、記事として見やすくするために現代語に訳しています。 ・現代に転生されてから忍者隊の結成までの間、世を忍ぶ仮の姿での生活期間があります。そのため、忍者によっては世を忍ぶ仮の姿の人格としてインタビューにお答えていただいている部分も多くあります。

忍者は自分が本気になれる職業

01 — 半蔵様、忍者隊を結成するまでのお話をお伺いさせてください。忍者隊結成前は世を忍ぶ仮の姿で生活していたそうですが、何をされていらっしゃったのですか?
[su_label type=”black”]半蔵 この世に転生してきてから数年は世を忍ぶ仮の姿で生きてきていたのですが、仕事としては鉄かごの設計をしておりました。 — て、、鉄かご…?
[su_label type=”black”]半蔵 現代語でわかりやすく言うと「自動車」ですね。400年前であれば通じたのですが、現代では通じませんな… — おぉなるほど!不勉強ですみません…忍者は昔からお好きだったのですか?
[su_label type=”black”]半蔵 好きというか元々忍者なのですが、世を忍ぶ仮の姿の頃は確実に忍者というものに憧れていましたね。子どもだった頃はあまり運動神経が良くなく、それがコンプレックスだったのですが、テレビなどで見る身体能力の高い忍者に強く憧れを抱いていた記憶があります。憧れのきっかけはNARUTOだったと思います。 — 世を忍ぶ仮の姿服部半蔵様2つの人格があるのですね!ちなみにNARUTOで好きな忍者は誰だったのでしょうか?
[su_label type=”black”]半蔵 うちはサスケですね。カッコよかったです! — しかし服部半蔵様のレベルであれば、そのうち火遁豪火球の術とかも見せてくださるのでは…?
[su_label type=”black”]半蔵 もちろんでございます。ただ火を出すと危ないのでまだやりません(笑)明智軍が家康様を遅いに来た時は禁じられた千鳥を繰り出すことも躊躇しませんね。 — 楽しみにしています(笑)世を忍ぶ仮の姿では身体能力がそれほど高くなかったとのことですが、忍者としては大丈夫だったのでしょうか。
[su_label type=”black”]半蔵 転生してから15年経った頃、運動神経をよくしたかったので今でいうブレイクダンスなる体術を身につけることにしました。これがやってみると相当に面白く、今後もずっと続けていきたいと思うようになるのです。そのダンスチームで、今の忍者隊メンバー月影助乃心と再会しました。 — 月影さん、助乃心さんとは結成前にすでに再会されていたんですね!どんなきっかけで忍者隊に応募されたのでしょうか。
[su_label type=”black”]半蔵 ある日月影から忍者隊のオーディション情報を教えてもらったんです。それまで知らなかったのですが、そこで忘れかけていた忍者としての使命を思い出し、鉄かごの仕事を辞めてでも必ず「服部半蔵になろう」と決意して忍者隊のオーディションに応募しました。言い出しっぺは月影だったのに、自分が一番本気になっていた気がします。また、世を忍ぶ仮の姿として生きてきたこの町・愛知にも恩返しがしたいという想いもありましたね。 — 月影さんやりますね。オーディションではどんなパフォーマンスを見せたのですか?
[su_label type=”black”]半蔵 オーディションは本当は個人でしか応募できなかったのですが、事務局の方に無理を言ってチームを組んで応募したんです。今思うとルール無視ですからかなりアグレッシブでしたね(笑)。ブレイクダンスの体術を入れたパフォーマンスや愛知の魅力をPRする小芝居などを交えた簡単なショーを披露しました。面接のときも「服部半蔵をやりたい!」とずっとアピールしていましたね。 — 攻めますね!オーディションに合格した際はどんな思いでしたか?
[su_label type=”black”]半蔵 コンビニにいた時に電話がかかってきて「あなたを半蔵として迎え入れたいと思います」と合格知らされました。もう死ぬほど嬉しかったですね!前の仕事が生活のためのもので情熱を持ってやれていたわけではなかったので、やっと自分が本気になれる仕事に就けそうだと感じました。その時、今後全力で愛知県を盛り上げようと固く心に誓ったのです。

全人類を愛知県民にする気概で臨む観光PR

03 — 2016年の春に二代目服部半蔵忍者隊のお披露目がありましたが、その時はどんな心境だったのでしょうか。
[su_label type=”black”]半蔵 楽しかった反面、すべての力を出し切れていなかったので、悔しい気持ちやもっと出来るはずだ、という思いがありました。 — あの時見に行ったのですが、半蔵様がおっしゃっていた「全人類を愛知県民にする!」という言葉は衝撃でしたね。
[su_label type=”black”]半蔵 あれはインパクトのあることを言おうと前から考えていたことでした。拙者は実際に転生してからの20数年はずっと愛知で育ってきたので、東山動植物園とか名古屋城など愛知のスポットはもちろん、人なども含めて本当に愛知県が好きなんです。もっと愛知県を知ってもらうための観光PR隊として注目をしてもらうためには、やはり覚えてもらうためのインパクトが大事ですよね。何かいい言葉がないかなと思って言い放ったのが、この言葉でした。ただ、よくよく考えると他県の方はあまり嬉しい言葉ではないと思うので、もうあまり使わないつもりです(笑) — あの名言がもう聞けないのは残念です(笑)忍者隊で活動していて楽しかったり嬉しかったりすることは何でしょうか。
[su_label type=”black”]半蔵 お客様から「楽しかった」とおっしゃっていただけることです。アクロバットやおもてなしもまだまだ未熟なところがありますが、そのように言っていただけると昔自分が憧れていた忍者像に近づけている実感が持てて嬉しくなってきてしまいます。逆に演技や殺陣の経験がこれまでなかったので、その分野についてはまだまだ弱いです。お客様にもっと楽しんでいただけるよう日々精進しています。 — 日々精進とのことですが、お休みの日はどれくらいあるのでしょうか?
[su_label type=”black”]半蔵 アクロバットの自主練まで含めてしまうと、ほぼ毎日練習しています。体術にもっと磨きをかけていきたいので休んでいる暇はありません。 — さすが半蔵様、忍びの中の忍びですね!

リーダーとして服部半蔵忍者隊を率いること

04 — 服部半蔵忍者隊の全体の良さはどんなところだと思われますか?
[su_label type=”black”]半蔵 メンバー全員が愛知・忍者・おもてなしが大好きな事です。特におもてなしはメンバー全員が誇りをもって対応していると思います。自分がふと振り返るとメンバーみんなが嬉しそうな顔でお客様と接しているんです。控え室などでも「おもてなしが楽しい」と話題になることもありますね。このメンバーならば新しい忍者像を作っていけると思っています! — やはりおもてなしは強みですよね。半蔵様がリーダーとして心がけていらっしゃることはありますでしょうか?
[su_label type=”black”]半蔵 みんなの意見をよく聞くことですね。ご承知のとおり、半蔵忍者隊のメンバーは我が強い人が多く、時には衝突することもあります。拙者はクッションのような役割となり、引っ張っていくというよりは、みんなの意見をよく聞いてみんなが一番納得する答えを出せるようにしています。 あとはプライベートでもできるだけメンバーと会うようにしています。高架下で自主練をしようと呼びかけたり、天の家で忍者のビデオをみんなで見たりとかもありますよ!同じ時間を共有することは大事なことだと思っています。結成当初に比べるとまとまってきたとは思いますが、まだ完全に1つにはなりきれていないと感じているので、この点は拙者の1つの任務として取り組んでいきたいと思っています。 — まとめるのは大変そうですものね。半蔵様が特に頼りにしていらっしゃるメンバーはいらっしゃいますか?
[su_label type=”black”]半蔵 助乃心ですかね。個性的で我の強いメンバーの中でも落ち着いていて、英語も得意なので頼りになります。相談なども助乃心にすると的確なアドバイスをもらえますね。彼が489歳と一番年上ということもあるのかもしれません。 — では一番面白い人物は誰でしょうか?
[su_label type=”black”]半蔵 おもしろい人物だらけです。。。個人的には月影が面白いですが、三平はだんだんおもしろくなってきています。道化っぽくなってきたといいますか、自分の殻が破けてきたのか、ボケが多くなってきた気がしますね。 — 一番見習いたいと思う忍者の方はいますか?
[su_label type=”black”]半蔵 その点はが一番ですね。日本人には持っていない感覚を持っているし、忍者のこともよく勉強されています。拙者が瓦版(リーフレット)を配ろうとすると「半蔵は配ってはダメだ。頭領が断られてはいけないのだから」と制止してきたりします。半蔵を立てるような行動をしてくれたりするんですよね。 — 一番忍者っぽいのは誰でしょうか?
[su_label type=”black”]半蔵 「っぽい」っていうかみんな忍者なんですけど、みんな忍者っぽくない気もしますね(笑) — あぁ、すみません…!他の忍者の方の意外な一面がわかるエピソードなど、話せる範囲で教えてください!
[su_label type=”black”]半蔵 水蓮がああ見えて忍者隊の中でも一番の酒好きなんです。あと、助乃心が意外と料理が得意ですね。肉料理とかたまにご馳走してくれたりしますよ。 — 水蓮さん酒豪なんですか…。ちなみに初代服部半蔵忍者隊の半蔵様から受け継いだ技や心構えなどはありますか?
[su_label type=”black”]半蔵 お披露目のときに一度だけお会いしたのですが、受け継いだものといったら…ポージングですかね…。「指先をもっと伸ばすんだ」とかいろいろ教えてもらったんですけど今は使ってないです(笑) — え、せっかく先代から受け継いだのですから使ったほうがいいのでは…?
[su_label type=”black”]半蔵 ちょっと封印した方がいいのかなって思ってしまったのですが、今後織り交ぜた方がいいですかね…? — ぜひ少しやってみていただいてもよろしいですか?
[su_label type=”black”]半蔵 わかりました……。でも一人じゃ恥ずかしいので伊吹と月影にも一緒にやってもらいますね。 06 — これは…確かにもう刹那さんにお任せして半蔵様は封印した方がいいかもしれませんね(笑)

服部半蔵というビッグネーム

07 — 服部半蔵という忍者は一体どんな人物なのでしょうか。
[su_label type=”black”]半蔵 忍者で一番有名な男といったら「忍者としてどうなんだ」というのはありますが、日本でも海外でも大きな憧れや期待を背負っている忍者だと思っております。何事にも動じず、忍者の中でも一番強くなければならない責任のある忍びではないでしょうか。 — 半蔵様が転生されるまで、多くの人が半蔵様を書物などに残してきたと思いますが、特にオススメの半蔵本はありますか?
[su_label type=”black”]半蔵 本当にありがたいことですが、戸部新十郎氏の「服部半蔵」という文庫があります。wikipediaでは書いていないあの頃の妻や子供の細かいところまで書いてあるので、この本を読むと当時の様子がつい最近のことのように思い出されますね。いつも読んでいます。 — ちなみに家康様についてはどう思われますか?
[su_label type=”black”]半蔵 やはり今の日本の礎を作られたお方ですから尊敬しております。あの方がいなければ天下泰平の世はなかったわけですから。今も時には厳しいことで諌めてくださったり、時には褒めてくださったりと、かけがえのない主君でございます。 — 服部半蔵として今後目指していきたいことはありますか?
[su_label type=”black”]半蔵 オリンピックの開会式等でパフォーマンスをしたいです。それまでに体操選手にも負けない体術を身につけます。徳川家康と服部半蔵忍者隊を世界一の忍者隊にしたいというのが私の想いなのですが、この世界一にこだわっていきたいですね。世界一有名で、世界一のパフォーマンスをする集団を目指します!

服部半蔵にとっての忍者

08 — 半蔵殿にとって忍者とは何でしょうか?
[su_label type=”black”]半蔵 自分の人生のすべてをかけれる存在です。体術をもっと伸ばしたいということ、自分の生まれ育って思い出のある愛知をもっといろんな人に知ってほしいということをすべてこの忍者にぶつけていきたいと思っています。ずっと探し求めて、やっと出会えたのがこの忍者という職業ですね。 — Ninjackをご覧のみなさまにひとことお願いいたします!
[su_label type=”black”]半蔵 忍者を全力で盛り上げていきます!そして、雑誌のランキングなどでは名古屋市は魅力的ではないという位置にありますが、それはまだまだみなさんが愛知県を知らないだけです。愛知県には魅力的なスポットや美味しいものがたくさんあります。 まずは名古屋城にいらしてください。そして拙者たち服部半蔵忍者隊に何でも聞いてください。オススメのスポットやグルメをお伝えします! 今後とも徳川家康と服部半蔵忍者隊を応援していただければ幸いです!

編集後記

忍者隊のリーダーを張っているだけあって、何事にも一生懸命で、本当に愛知県をこよなく愛していることがひしひしと伝わってきました。 世間からも注目されるこの団体にかかる高い期待、メンバーそれぞれも個性が強いので隊を1つにまとめ上げること、そして個人としてもスキルを高めていくことと大忙しの服部半蔵様ですが、秘めたる熱い想いと冷静沈着な性格から、必ずや忍者をこれからも盛り上げてくださる人であることは間違いないでしょう。 これからも名古屋愛と忍者愛が伝わるおもてなしで、忍者の良さや名古屋の良さを広めていっていただきたいですね! [su_box title=”関連リンク・参考文献” style=”noise”][wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”] 徳川家康と服部半蔵忍者隊公式サイト [/su_box]]]>