「ら」:乱波者 天井裏に いる気配|Nin-Karu vol.14

nobunaga〜前回までのあらすじ〜 信長に嘘の情報を伝えたヤスケ先輩。 それを信じて家康を待つ信長。 信長の命運尽きるまであと2日。

CASE STUDY

cha

風の術を使って信長を本能寺に足止めしたヤスケ先輩。 一方信長は家康が来ると聞いてウキウキです。 ウキウキの気分のまま、息子の信忠や公家・僧などを呼び集めて茶会を開きました。 [speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”nobunaga_L1.gif” name=”織田信長”]いやぁ、やっぱりティーパーティーは楽しいね!信忠、久々じゃな。ね、楽しいよね!?
[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”samurai_R1.gif” name=”織田信忠”]はい、このお茶もかなり結構なお点前でござりますな。しかし父上、さっきからなんか嫌な気配を感じるのでござるが…
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”nobunaga_L1.gif” name=”織田信長”]え〜何にも感じないよ?気にしすぎじゃない?もう天下布武も目前なんだからパーっと行こうよ、パーっと!
[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”samurai_R1.gif” name=”織田信忠”]そうですかの…
信忠の嫌な予感どおり、茶会の間の天井裏には静かにヤスケ先輩が潜んでいました。 [speech_bubble type=”std” subtype=”L2″ icon=”yasuke_L1.gif” name=”ヤスケ先輩”]今回の依頼主が言うには、信長の野郎があと2日、この寺を離れないように見張っておけってことだったな。本能寺は結構広いから、正門だけ見てても見逃しちまう。最初に忍び込むっつったらとりあえずここしかないんだよなー
[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”samurai_R1.gif” name=”織田信忠”]父上!やっぱりなんか臭いまする!
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”nobunaga_L1.gif” name=”織田信長”]そう?確かに最近風呂入れてないのと、もうワシ48だから加齢臭もする頃かな…自分じゃ気づかないもんだよね。臭いって。
[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”samurai_R1.gif” name=”織田信忠”]そっちちゃいます!天井裏に何かいるような気がします。槍持ってこい!
信忠は天井に向けて槍を突き刺しました。 [speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”samurai_R1.gif” name=”織田信忠”]あれ?何もいないな〜
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”nobunaga_L1.gif” name=”織田信長”]ほら〜せっかくのお茶が冷めちゃうじゃん。さ、続き続き!
[speech_bubble type=”std” subtype=”R2″ icon=”yasuke_R1.gif” name=”ヤスケ先輩”]梁の上でも端っこにいれば大丈夫なんだよねー。さ、次はどこに移動しようかな。
ヤスケ先輩はなぜ天井裏に隠れたのでしょうか。

忍者がまず隠れる場所

kama テレビや映画だと、よく忍者は天井裏に隠れますよね。 天井って登るの大変そうだし、他にもっといい隠れる場所あるんじゃないの? って思いますが、これ忍術書には「初めて屋敷や家内に入った時に隠れる場所の事」として天井裏はオススメの場所として指定されているのです。 万川集海の記述によると、初めて屋敷や家内に入るときのオススメ隠れスポットは以下になります。 spot 忍術書には過去の忍者たちの英知がぎっしりと詰まっていますから、天井裏は昔の人も多く隠れた場所だったんでしょうね。 万川集海にはさらにこんなことが書かれています。

「基本的には雪隱は少し遠慮した方がいいかもしれない」

雪隱とは「トイレ」のことで、その昔は汲み取り式のいわゆるボットン便所でした。

なぜ遠慮した方がいいのかは書かれていませんでしたが、見つかりやすいとかではなくて、やっぱり忍者もクサイものはクサイ!ということなんでしょうね。

後世の忍びのために「トイレに隠れると臭いからやめといた方がいいよ」という筆者の心遣いが感じられますね。

忍者はまずこれらの場所に隠れて夜まで待ち、夜中に仕事をしたのであります。

ヤスケ先輩も先輩たちにそう教えられて、いつものことのように天井裏へと侵入したのでしようね。

乱波者 天井裏に いる気配

39_ra

[su_box title=”関連リンク・参考文献” style=”noise”][wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”] 忍者かるた公式サイト [wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”] 企画・画像協力「しころぐ」 [wp-svg-icons icon=”book” wrap=”i”] 完本 万川集海(中島篤巳訳)[/su_box]

]]>