遊びながら忍者教育!お子様に大人気の "忍者かるた" 見参

日本の伝統的なゲーム “KARUTA” あと3ヶ月ちょい寝ればお正月ですね。 お正月と言えば、HAGOITA・FUKUWARAI・OZONI・OSECHI・OTOSHIDAMA。 そして忘れては行けないのが “KARUTA” です。 かるたの起源は平安時代の貝合わせで、そこから欧米のカードゲームと融合して江戸時代に今の遊び方となりました。 小倉百人一首にはじまり、ことわざなどのいろはかるたが一般的ですが、最近はご当地かるたも流行って来ています。 “ちはやふる” なんて漫画も人気ですから、かるたブームは到来していると言ってもいいかもしれません。

待望の “忍者かるた” が発売中!

150912_忍者かるた紹介 かるたブームの昨今、2/22の忍者の日制定を記念して、 “忍者かるた” が発売されました。 「あ」〜「ん」まで全て忍者の心構え、忍器、歴史を現している「忍者シバリ」の読み札。 とても親しみやすい忍者がたくさん出てくる絵札。 大人から子供まで楽しめる内容となっています。 愛知の忍者集団・愛知忍者連盟によると「忍者神経衰弱」としても遊べるとのことです。 非常にイラストがわかりやすく、忍者の本質をついた題材ばかりですので忍者のお勉強にもなります。 しかも固いカードタイプですので、手裏剣のように投げれば武器にもなります。 ※良い子はマネしないでくださいね。

Ninjackが忍者かるたを徹底解剖!連載企画が始動

忍者かるたにおいて採用されている46の忍者関連ワード。 忍者を知るには押さえておきたい要のワードが万遍なく散りばめられていますので、これを遊ぶだけで楽しく忍者を学ぶことができそうです。 忍者かるたユーザーの皆様からの「ぜひもうちょっと詳しい解説が欲しい」という声(を聞いたことはありません)に(勝手)にお答えをする形で、忍者かるたの開発忍・武蔵一族のしころさんに許可をいただきまして、Ninjackがその読み札・絵札の意味や背景などを徹底解剖することになりました! 全46回+αの連載企画となりますが、みなさん期待をせずにお待ちください。 そして、連載の最後にはスペシャルコンテンツも用意しておりますので、そちらは期待してお楽しみに!
関連リンク
忍者かるた公式サイト:忍者かるた 企画・画像協力   :しころぐ
]]>