中3男子が鉤縄でパトカー破壊・・・鉤縄は「登器」ですよ

中3男子が逮捕 包丁で男性が重傷・鉤縄でパトカーを破壊 なんだかとんでもない事件が起きました。

東京・日野市で2月29日夜、男性の足を包丁で刺し、警察官に襲いかかって逮捕された中学3年生の少年が、「忍者の武器」を使ってパトカーを襲撃していたことがわかった。 目撃者は、「刃物を持って、ふらふらしてる感じでした。酔っぱらいが、千鳥足で歩いてるような感じ」、「着てた服を脱ぎ捨てて、包丁持ちながら、警官の方に突進。ピストル構えて。ここら辺に当たって、どっか飛んでっちゃったと」などと話した。 中学3年生の少年(15)は、29日午後11時すぎ、日野市神明の路上で、帰宅途中の男性(20代)の右脚を包丁で刺し、重傷を負わせ、駆けつけた警察官に襲いかかったため、威嚇発砲を受けて、公務執行妨害の現行犯で逮捕された。 少年は、駆けつけたパトカーに、忍者が壁を登るのに使う「鉤縄(かぎなわ)」と呼ばれる武器を振り回して、後部ガラスを割ったという。 刺された男性は、少年と面識がないということで、警視庁は、犯行動機をくわしく聴いている。

from FNNニュース

  このニュースの見出しよ・・・ この事件のせいで忍者の風評被害確定ですね。。 ニュース的にはすっごいヒキがある見出しでしょうけど、人に危害を加えたのは包丁です。 なぜこの少年は鉤縄を選んだのでしょうか・・・。 鉤縄を振り回して投げてみたい気持ちはわかる、わかるけど。。。 わかるのですがパトカーに向けて投げちゃダメですよね。

鉤縄は登るための道具です

kaginawa2 そもそも鉤縄って忍者の道具って報道されてますが本当なのでしょうか? その点は残念ながら本当です。 あの忍術秘伝書「万川集海」でも鉤縄についての図説が書いてあります。 ※万川集海では「三つ鑰(かぎ)」として紹介されています。 IMG_3124 下の三股に分かれた棒のところに縄をつけるのと同時に、ここを引っ張ると畳まれて、押し込むと鉤の部分が広がるようになっています。 これは木とかに引っ掛けてもちゃんとひっかかるような仕組みになっているからなんですね。 そう、この鉤縄はあくまでどこか登るために作られた道具登器」なんです。 その他、縄部分を入り口にピンと張って敵の足をひっかける用途などにも使われました。 決してパトカーに向かって投げるために使うものではありませんでした。

誤った忍術や忍具の使い方はやめましょう

忍者の道具はそれぞれその用途というものがあり、「拳銃で撃って欲しいために」使うものではありません。 私利私欲のために忍術や忍器を使うこと、それは忍びとして失格を意味します。 忍者には正心が必要なのです。 もし彼が忍者に憧れて鉤縄を使ったのであれば、ちゃんとこの正心を学ぶべきですね。 そして鉤縄を手に入れたら、とにかく登るために使いましょう。 木に登るもよし。 自分の家の屋根に登るもよし。 でも今鉤縄の練習しようと思ったら絶対職務質問されるでしょう。。 忍者にとっては非常に生きづらいニュースがでてしまったものです。 何よりもこのエセ忍者テロリストの巻き添えを食らってしまった男性の一刻も早い回復を祈ります。
参考文献
[wp-svg-icons icon=”book” wrap=”i”] 完本 万川集海]]>