伊賀流手裏剣打選手権大会の前夜祭「団体戦」もアツい!(1/2)

予選に落ちても団体戦がある! 第8回伊賀流手裏剣打大会の本選は、四季の森武道塾の大和柔兵衛先生の優勝にて幕を閉じましたが、実は前夜祭なるものがあったことをご存知でしょうか? 忍者の聖地伊賀で行われる手裏剣大会の個人戦本選は、全国予選を勝ち抜かないと出場することができません。 また、伊賀の地で活躍する主催者側に近い忍者の方々も、本選に出場することは禁止されているのです。 そのような手裏剣打ちに飢えている忍者達にも、本選の地で手裏剣を打ってもらいたい。 そんな実行委員会側の配慮から、2回前くらいから前夜祭と称して団体戦競技も創設されているのです。 — 実行委員会さんの気配りがまたニクいですね!
今回は団体戦に出場した忍者達をJackしつつ、白熱の打ち合いをご紹介したいと思います!

[wp-svg-icons icon=”point-down” wrap=”i”]個人戦の模様はこちら [blogcard url='http://ninjack.jp/igasyuriken8-1/' width='' height='' class='' style='']

団体戦のルールは?

1人1人の投擲は基本的に個人戦と一緒ですが、チームの勝敗の付け方のルールがちょっと違う団体戦。 3人1組でチームを組み、先鋒・副将・大将を決めます。 3人が1人1人戦って、勝ち数が多いチームが次のステージへと進む方式で、剣道の大会とかと同じですね。 もし引き分けとなった場合は、サドンデスの大将戦を行うことで決着をつける流れとなります! 団体戦トーナメントはこちらのとおり。 注目のチームにお話を聞いてみました!

河内忍軍

伊賀流忍者博物館でからくり屋敷の案内や、阿修羅のアシスタントを担う河内忍軍。 右から蒼影さん、木猿さん、仁古来さんです。 主催者側の人間なので本選には出られないため、団体戦に出場となります! リーダーの木猿さんにお話をお伺いしてみました。 — 今日の意気込みを教えてください!
[su_label type=”info”]河内忍軍・木猿 今回で出場は2回目なのですが、河内忍軍は伊賀の代表のつもりで頑張って行きたいと思います。日頃から手裏剣打ちは練習しているわけではないのでどうなるかわかりませんが…頑張ります!

四季の森CROWS

個人戦で優勝した大和柔兵衛先生の道場に名を連ねる一味のみなさま。 左から恵水さん、京雀さん、鐵左さんです。 果たして巨匠・大和柔兵衛の教えは生きてくるのでしょうか? リーダーの京雀さんにコメントをいただきました。 — クローズというのは?
[su_label type=”info”]四季の森CROWS・京雀 カラスの群れという意味です。発音を間違えると「CLOSE」になってしまって、「四季の森終わったな」となってしまうので、呼び出しの時には発音気をつけてくださいね! — すみません、僕司会じゃありませんw
[su_label type=”info”]四季の森CROWS・京雀 あら、またトチっちゃったな!優勝狙ってます!

にんじゃりぶんぶんR

こちらも四季の森武道塾で修行を積まれている、今回唯一のくノ一チームです。 左から千影ちゃん、美月ちゃん、白狐さん。 後ろに写っている上戸彩よりも美しいですね! なんと柔兵衛先生の娘さんであられる、リーダーの美月ちゃんにお話を聞いてみました。 — にんじゃりぶんぶん「R」ってなんかセーラームーンみたいなのついてますが…?
[su_label type=”info”]にんじゃりぶんぶんR・美月 「リターンズ」です!去年が団体戦で準優勝だったので、その時の悔しさから「優勝目指して再挑戦するぞ!」という思いを込めて帰ってきました!

伊賀之シルバニアンズ

伊賀之忍砦から派遣されてきた、見た目はなんかうまそうな忍者チーム。 左から流星鷹さん、羅希阿丸さん、陽炎さんです。 果たして伊賀流の意地を見せることはできるのでしょうか? リーダーの羅希阿丸さんに意気込みを聞いてみました。 — まずチーム名とその由来を教えてもらってもよろしいですか?
[su_label type=”info”]伊賀之シルバニアンズ・羅希阿丸 伊賀之シルv・・・シルバニョ・・・シルヴァニャxy・・・ — 自分のチーム名、カミカミじゃないですかw

アート工房手裏剣部

こちらは個人戦で観客を混沌の渦に陥れた服部肝臓さんと同じ、アート工房の手裏剣部のメンバーです。 会社に手裏剣部があるってすごくうらやましいですね! — 会社で部活として活動されているんですか?
[su_label type=”info”]アート工房手裏剣部 こっそりと活動しています。的があって練習できるようになっているんですよ!頑張りたいと思います!

カキトモ

一緒に牡蠣を食べた友達なのでカキトモという安直な名前のこちらのチームは、姫路忍者会からやってきました! 左からりぃさん、イスケさん、さんです。 凛さんは前からずっとお会いしたい可愛いくノ一さんだったのでテンションあがってしまいました! そしてなんと兵庫から自転車で伊賀まで来た、リーダーのイスケさんには脱帽です。 — 今日の仕上がり具合はいかがですか?
[su_label type=”info”]カキトモ・イスケ もうばっちりですね。5枚とも全部真ん中刺さって、板貫通するくらいです。板何枚か用意しておかなくて大丈夫ですかね? — 本気なのかネタなのか…優勝期待しております!
個性的な忍者が大集合しているこの団体戦。 どんな展開になるのか楽しみですね!

第一試合「河内忍軍」VS「四季の森CROWS」

第一回戦は「河内忍軍」VS「四季の森CROWS」の対戦です。 いよいよ戦いの火蓋が切って落とされます! 先攻は河内忍軍で、先鋒として出て来た蒼影さん。 バッチリと的に当ててきます! 対するは四季の森CROWSの先鋒・日向国鐵左さん。 以前ニンコレでもかっこいい僧侶スタイルを見せてくれました。 [blogcard url='http://ninjack.jp/nincolle16-1/' width='' height='' class='' style=''] 鐵左さんの手裏剣は、的に当たったのに威力不十分のためからコロコロと板を伝って下に落ちていってしまい、結果0点という感じに。 河内忍軍に勝ち点が1つつきます。 続いて河内忍軍の副将は、仁古来さん。 やはりなかなか決まってますね! 対するは副将・恵水さんです。 武蔵一族の武蔵まつりで司会をやっていた綺麗なお姉さんですね。 [blogcard url='http://ninjack.jp/musashifes2015/' width='' height='' class='' style=''] — かかと高い!!!これでよく打てるなぁ。
審査員も足元が気になっているようですが、バッチリ的に当て、副将戦は四季の森CROWSが一勝です。 個人戦の模範投擲では的に当てられなかった木猿さんが、大将として打ちます! 対するは四季の森CROWSの大将・京雀さん! なんとこの決着は引き分けとなり、初戦からいきなりサドンデスとなってしまいました! — なんだこのいきなりアツい展開は…!!
先行の木猿さんは、果たして決めてプレッシャーを与えることができるのでしょうか。 — うわー!外した!
なんだかPK戦みたいな緊張感になって参りました。 一方で四季の森の京雀さんが見事に決める! こうして初戦の勝ち星は、四季の森CROWSに上がりました!

第2試合「伊賀流を名乗るお店やさん」VS「にんじゃりぶんぶんR」

第2回試合は「伊賀流を名乗るお店やさん」と「にんじゃりぶんぶんR」。 伊賀流を名乗るお店やさんは、伊賀流忍者店と伊賀流忍者整体・癒しの館のお店を運営する忍者たちのチームです。 先鋒の真影店長は、伊賀之忍砦の代表も務める上忍中の上忍ですね。 [blogcard url='' width='http://ninjack.jp/ninjaten-12/' height='' class='' style=''] 手首のスナップを効かせ、クイっと手裏剣を打ちます。 対するにんじゃりぶんぶんの先鋒は千影ちゃん。 なんとまだ高校生なんですよ! 伊賀流忍者整体の癒しの館に務める紫月さん! ミステリアスで美しいくノ一です! くノ一対決となった次鋒戦、リターンズは白狐さん。 スレンダーでこれまた美しい投擲でした! そして大将戦は、伊賀流忍者整体の術を施す白影さん! 忍者なのに真っ白ですが、不思議と決まってるんですよね〜! そして柔兵衛先生の愛娘で大学生の美月ちゃん! — いや〜もう可愛らしくておじさん応援したくなっちゃうよ〜
と見守ってたのも束の間、さすが伊賀の地元の意地を見せた「伊賀流を名乗るお店やさん」が「にんじゃりぶんぶんR」を下すという結果となりました!

第3試合「黒衣」VS「凱勇(弐)」

続いての試合は「黒衣」VS「凱勇(弐)」の対決です。 淡々と決めて来る黒衣の投擲に、凱勇(弍)が破れ去っていきました。。。

第4試合「伊賀之シルバニアンズ」VS「アート工房手裏剣部」

こちらも注目の対決、「伊賀之シルバニアンズ」と「アート工房手裏剣部」の果し合い! アート工房手裏剣部は誰も奥さんが応援に来てくれなかったのか、チームのどなたかの赤ちゃんを交代でお守りしながらの参戦です。 — お父さんたち…頑張ってください…
部活動の成果を今見せる時! そして現役大学生くノ一・陽炎ちゃんの本気の打ち込み! なかなかの筋でございますな! こちらのお父さんはニコニコしながら手裏剣を打っております。 そしてこちらが流星鷹さんなのですが・・・ — メガネがズレてるせいか…なんかすっごく弱そうな忍者に見える…マスオさんみたい…
もしかしたらこれも敵を油断させるための忍術かもしれません。 これからもマスオさん忍者として、頑張って欲しいですね! そして白熱の大将戦! アート工房手裏剣部は着々と的に当てていきます。 そして遂にやって参りました、みんなのお父さん忍者「羅・希阿丸」さん!(フランス風に) Ninjackにも度々登場する出で立ち”は”カッコいい忍者さんです。 [blogcard url='http://ninjack.jp/nin-chakai01/' width='' height='' class='' style=''] 審査員と的に礼をすればいいのですが、なぜか観客席に礼をするお父さん。 その後、本当は九字を結ばなくてはいけないんですけど、なんかラジオ体操みたいな動きを始めました。 [speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L2″ icon=”takamaru_L1.gif” name=”Ninjack編集忍”]これは…ネタのようにも見えるし…真面目にやってるようにも見えるし…。彼のルーティンなのか?わからない!この人の行動が読めない!
イケメン審査員の安田さんが、羅希阿丸さんの不可思議な言動に加えて九字忘れてることからも、もう笑いをこらえきれなくなっていました。 会場のクスクス感が続く中、お父さんは打ちます。 打ちます! 審査員はまだツボに入っている模様で、かなりツラそうにしていました。 [speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L2″ icon=”takamaru_L1.gif” name=”Ninjack編集忍”]審査員をここまで笑かすとは…この忍者…デキる!!
がしかし、結果としては0点というオチ! 伊賀シルバニアンズ、初戦で敗退となりました! ちなみにあとで聞いた所、羅希阿丸さんの不可思議な動きは、四季の森で柔兵衛先生にちょっと習った新陰流の動きだそう。 客席に礼をしたのも、柔兵衛先生への礼だったそうです。 — ガチでやってるのにあれだけ笑いがとれるとか…天才か…
忍者の世界には、いろんなおもしろい忍者がたくさんいますね! この後も続々と出て来る忍者たちの戦いをお楽しみください!

[wp-svg-icons icon=”point-down” wrap=”i”]後半戦はこちら! [blogcard url='http://ninjack.jp/igasyuriken8-5' width='' height='' class='' style='']

[su_box title=”関連リンク・参考文献” style=”noise”] [wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”] 伊賀流手裏剣打選手権大会 [wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”] 伊賀流忍者博物館 [/su_box]]]>