第8回「伊賀流手裏剣打選手権大会」詳細レポートでござる(1/3)

全国のツワモノが集まる!伊賀流手裏剣打選手権大会 こんにちは、Ninjack編集忍です。 久々に伊賀の城下町へと降り立ちました。 なぜかというと、おそらく忍者界で最も名誉ある大会「伊賀流手裏剣打選手権大会」の第8回目が開催されるからでございます! この大会は知る人ぞ知る大会で、9月〜12月までの間に全国7箇所で予選を行い、点数が高かった選ばれし上位40名のみが出場できる全国大会なのであります。 言うなれば忍者の手裏剣打ちの腕を競うインターハイ決勝! 優勝すればなんと「純金の手裏剣」が手に入ります。 なんと10万円相当なんだとか…! — これは…これは欲しい!もったいなさすぎて絶対打てないけど!
※ちなみに手裏剣は「投げる」ではなく「打つ」です。 この手裏剣大会で優勝することは忍者にとって大変な誉れであり、忍者の誰しもが1度は目指す目標でしょうし、今もこの大会に多くの時間をかけて挑む忍びたちがいらっしゃいます。 僕も4年前に本戦まで出場したことがあるのですが、それ以降はどんどんレベルが上がってきていて、今は予選を突破するのはかなり難しくなってきました。 全国各地の予選を勝ち抜いたハイレベルな忍者達が集まる手裏剣の全国大会とか、ワクワクしかしませんよね! 会場は忍者だったら一度は行ったことがある、もしくは行こうと思っているであろう伊賀流忍者博物館。 この裏手に、本戦に出場する忍者達の手裏剣打ち練習場があります。 真剣な面持ちで練習する大会出場忍達。 今回の上位入賞が期待できるであろう忍者さん達に、お忙しいところ恐縮ながらお話を聞いてみました。 この方はこかげさん。 忍びの武器商人として様々な忍者武器を作る男ですが、手裏剣大会にかける意気込みは誰にも負けません。 いつも予選ではかなりの得点なのに、本番で実力が発揮できずに入賞を逃しています…。 — 仕上がりの方はいかがですか?
[su_label type=”info”]こかげ 練習のしすぎで10日前に腕を痛めてしまいました。力を抜いて頑張りたいと思いますが…緊張します… 本大会最年少の本戦出場者で、昨年は14歳で3位入賞という成績を納めた佐助くん。 その華麗な身のこなしで、四季の森武道塾・武蔵一族天狗衆で活躍するエース忍者です。 — 自信のほどはいかがですか?
[su_label type=”info”]佐助 前回よりも練習量は格段に落ちてしまったのですが、今週はたくさん練習したのでその成果を出せればと思います。自信はある程度はあります! 吉本所属の忍者タレント・一ノ瀬文香さん。 昨年は団体戦にて優勝され、今年は個人戦で本戦に出場でございます。 — 今日の意気込みを教えてください!
[su_label type=”info”]一ノ瀬 優勝するぞー!!出番が来るまで、もうちょっと打ちたいですね。あと妃羽理師匠とパフォーマンスタイムにも出ますので、楽しみにしていてくださいね。私がミスって師匠のお顔に傷をつけてしまったので…優勝しないとあかんなって思っています(笑) 「豪腕手裏剣」と呼ばれる威力抜群の手裏剣を放つ黒影さん。 今回は初の本戦出場でしかもトップバッターを飾るようです。 — いい記録が出るといいですね。
[su_label type=”info”]黒影 記録よりも記憶に残る投擲をしたいですね。私の必殺豪腕手裏剣の威力、とくとご覧ください。あと、昨日飲みすぎて2日酔いです! 先日、佐賀の葉隠一族を引退された長門さんが、今日限りの忍者復活です! — ご無沙汰です!久々の忍活いかがですか?
[su_label type=”info”]長門 まさか伊賀に来ることになるとは思いませんでしが、気持ちは昂ぶっております。10点を目指すくらいの気持ちで100点取れればいいかなと。落ち着いて行きたいと思います。 NINJA DOJO and STOREで外国人向けの忍術道場を構える市川伊蔵さんも、今年は本戦出場! — せっかくの本戦出場というのに先日ギックリ腰やったみたいですね。
[su_label type=”info”]伊蔵 まだちょっと治ってないんですよね。あと二日酔いじゃない手裏剣大会の朝は初めてです。なんて清々しいんでしょう。ちなみに自信は全くない! 第6回の手裏剣大会の覇者で、今大会の予選でも最高得点をマークした大和柔兵衛先生。 四季の森武道塾の先生として、100人以上の忍者のたまごさん達を育てているお方です。 — 柔兵衛先生、優勝の自信のほどは?
[su_label type=”info”]柔兵衛 今回は3回目の出場です。1回目は優勝、2回目は10位。今回はズバリ2冠を狙います。うちの佐助もライバルとして捉え、全力で臨みたいですね。優勝の自信は…120%あります。 そして前回第7回の優勝者で純金の手裏剣を手にいれた、肥前夢街道のお龍さん。 今年も2連覇はなるのでしょうか? — お龍さん、ズバリ2連覇行けそうですか!?
[su_label type=”info”]お龍 う〜2連覇したいです…。したいんですけどお仕事が忙しくて前回より練習できませんでした…。社会人つらい…リアルな話ですみません(笑) 本戦までにきっちり仕上げた忍者もいれば、練習の時間が取れなかった忍者さんたちもいるようですね。 果たしてこの忍者さん達を含む40忍がどのような熾烈な争いを見せてくれるのか、大変楽しみです!

手裏剣大会のルールをおさらい!

厳粛なる太鼓の音色が聞こえ、いよいよ手裏剣大会が開会します! 選手や応援のみなさまで会場は満員! 今大会の司会進行を務めてくださるお二人です。 観客のみなさまのために、伊賀流手裏剣打選手権大会のルールを説明してくれました。 デモンストレーター忍者は、河内忍軍の木猿さん。 去年、一昨年と模範投擲を行なってくださっているのですが、まだ一度も模範で的に当たったことがないようです!(笑)

的中点数

的は円形となっており、外側から中央に向かって10点・20点・30点・40点・50点となっています。 写真のように2箇所が刺さった場合、中央に近い点数が得点となります。 全部で6枚渡されるのですが、忍者たる者、いざという時のために1枚は常に残しておくべきという心構えから、最後の1枚を投げると減点になるんです。 この辺がちゃんと忍者の選手権って感じでいいですよね! つまり投げるのはMAX5枚で、最高的中点数は250点。 これに審査員による評価点数が50点満点で付加され、最高点数は300点となります。 ちなみに、最初に刺さった手裏剣が後に打った手裏剣の振動により落ちた場合は、威力不十分として先の1枚は0点になってしまうので、威力も大事です。

評価点数とは…?

今回の審査員は、左から以下の面々。 [wp-svg-icons icon=”signup” wrap=”i”] 伊賀流忍者博物館顧問 黒井宏 [wp-svg-icons icon=”signup” wrap=”i”] 伊賀上野観光協会副会長 池澤素直 [wp-svg-icons icon=”signup” wrap=”i”] 伊賀流忍者博物館顧問 浮田半蔵 — 絵面的にゴツすぎる..!!
出演者達が震え上がらないか、大変心配です。 評価の正確性は、優美性・風格・気合・威力・動作の正確性・習熟度・個性・独創性などの観点からつけられるので、衣装や九字切りなどもしっかりやっておきたいですね。

距離

手裏剣打ちの距離は、男性は6m、女性は5mとなります。 これ、立って見ると結構遠いんですよね。 この線を踏むのはOKですが、越えると減点となってしまいます。

礼法

手裏剣を係忍から受け取ったら、まずは審査員席に礼。 そして的に礼をします。 「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」と発声しながら九字を切ります。 ここがかなり評価点に左右されますので、気合い入れてやりましょう。

模範投擲

さぁ、木猿さんの模範投擲です。 手裏剣はオーバーハンドによる投擲となっており、横投げとか下投げとかは禁止となっています。 木猿さんは果たして、今年は的に見事当てて出場者に成功のイメージを与えることができるのでしょうか! — うわー!外した〜!!
会場からもドッと笑いが起こりますw この手裏剣大会のあったかい雰囲気がまたいいんですよね! 5枚打ち終わったら、1枚残して的に礼をし、審査員にも一礼して終了です。 ここまで3分で行うというルールとなっております!

始剣式

なんか関係者席にすごく綺麗なお姉さんがいるな〜と思ったら、参議院議員の吉川ゆうみさんが伊賀の国の観光大使に任命されていました。 いわゆる忍者議員誕生の瞬間です! 議会で忍者が住みやすい国づくりについて、アツく語ってくれると嬉しいですね! こうして始球式ならぬ始剣式(?)が終わり、ついに本戦の火蓋が切って落とされます!

次々と出て来る手裏剣打ちの忍者達!

トップバッターを飾るのは、甲賀忍者黒影氏。 以前東京オートサロンでコンパニオン忍者をやってらしたカッコいい忍びさんです。

[blogcard url='http://ninjack.jp/tas2017/']

— まさかの刀で九字切りとは!かっこよすぎる!!

そして黒影さんの豪腕手裏剣が炸裂します。 長身から放たれる威力が凄まじい剣筋は、まさに必殺! こんなの自分に向かって投げられたらたまったもんじゃありません! 果たして点数は… 的中点数は、10点×2+20点の40点!

[countup] [counter to=81 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’甲賀忍者黒影’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup]

こんな感じで参加者の最終点数もお伝えして行きたいと思います。

最終点数は「的中点数」+「評価点数」ー「減点数」により計算されたものになります。

そしてNo.2は忍者コリン小林さん。

投げるたびに「おりゃー!」と雄たけびをあげ、大変堂々とした投擲でございました。 — 小林だから「コリン」…。名前とは裏腹に、アツイお方やで…!
[countup] [counter to=70 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’忍者コリン小林’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup] 続いてエントリーNo.3の登場です。 — なんか変なの来た…
こちらは名張からきた怪人二十面相人化ワナさん。 以前名張のPRにツーリズムEXPOにきていらっしゃった方ですね。 [blogcard url='http://ninjack.jp/ninjack-tourism15/' width='' height='' class='' style=''] ただの変な人だと思ってましたが、手裏剣打ちの特技もあったとは驚愕ですね! [countup] [counter to=86 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’人化ワナ’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup] その後も次々と手裏剣の投擲が続きます。 — めっちゃクールに手裏剣放つなぁ…
[countup] [counter to=35 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’藤本哲也’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup] — 装束が真っ赤っかすぎる!
[countup] [counter to=35 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’真乃友影’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup]

手裏剣打ちオールスターズも

もう8回目になる手裏剣大会ですが、この手裏剣大会に毎年出場してくる常連さん、手裏剣打ちオールスターズなる者もいます。 勝手にNinjackが命名してしまいましたが、SASUKEオールスターズみたいなもんですね(笑) その中のお一人がこちらの伊賀の影丸さんです。 — おぉ、影丸さん今年もいた!
見てください、この凛々しい九字の切り方を。 見てください、この手裏剣を打つためだけに作られたとも思わせる、忍びの理想のような引き締まった体型を! 影丸さんは本当にこの大会を毎年毎年楽しみにしていて、いつも参加していらっしゃるのだそう。 今回は点数は奮いませんでしたが、来年もお目にかかりたいですね! [countup] [counter to=52 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’伊賀の影丸’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup] — めっちゃ緊張してる…
[countup] [counter to=55 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’さいちゃん’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup] — あ!壁に書いてある九字を横目で見てカンニングしてる!笑
最後はドヤ顏で九字を終えましたが、審査員にはお見通しだと思いますのでしっかり覚えましょう!笑 [countup] [counter to=29 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’外海文武’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup]

葉隠一族の長門さん復活!

九州は佐賀の地で活躍していた葉隠一族元リーダーの長門さん。 [blogcard url='http://ninjack.jp/ninterview-022/' width='' height='' class='' style=''] 惜しむらく今年の1月に引退してしまい、肥前夢街道では彼の忍者姿を見ることはできなくなったと思いきや、伊賀の地で手裏剣打ちの勇姿を拝むことができるとは! さすが九字も凛々しく決まっています。 — すげー、集中力がみなぎってる…!
前日にお話したとき、長門さんはまた休日とかに忍者できたらと考えているようですので、楽しみに待ちたいですね! [countup] [counter to=92 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’長門’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup] — 手裏剣打ちのサウスポーまで!
[countup] [counter to=66 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’細尾延平’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup] そしてここに来て、手裏剣にストイックな姿勢を持つさんというお方が… — えっ!もう100点とったの!?
と、的中点数100点をマークしました。 例年こんなに早く100点代の高得点が出ることは稀なので、あとの参加者にはプレッシャーがかかってくるんです。 額当てが姫路忍者会のものっぽいけど一体何者なのでしょうか。。。 [countup] [counter to=139 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’辰’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup] 非常にシンプルにまとめた装束かと思いきや、手甲が使い古された感を醸し出してて妙に凝っている色波さん。 — いいなーあの手甲どこに売ってるんだろう…
[countup] [counter to=56 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’色波’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup]

姫路忍者会の御頭も登場!

姫路城でのおもてなしを生業とする姫路忍者会。 その代表を務める影丸さんが、満を持して伊賀に乗り込みです。 [countup] [counter to=37 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’影丸’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup] 姫路忍者会主催で、今度姫路城でも手裏剣大会を行うようです! 日時は6月25日に本戦、その前に5月近辺に予選があるとのこと。 九州でも手裏剣大会があるようですし、今全国で手裏剣が盛り上がっているみたいですね! — 手裏剣大会出たくなったら姫路に行こう!
— 靴がアンバランスや!
[countup] [counter to=78 tocolor=’#fff’ tosize=50 tobold=1 caption=’忍形佐七’ captionsize=14 captionbold=1 captionpos=1 bgcolor=’#46B1D2′ bdwidth=6 bdcolor=’#50CEF6 ‘ bdradius=0 decimal=0 duration=1] [/countup]

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L2″ icon=”takamaru_L1.gif” name=”Ninjack編集忍”]いやー今年もレベルが上がって来てなかなかおもしろいなぁ〜
なんて思っていたら、なんかすごいのが出て来ました。 [speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L2″ icon=”takamaru_L1.gif” name=”Ninjack編集忍”]い…いろいろ刺さってる…
果たしてこの男、何者なのでしょうか。 手裏剣を打つ練習をしていたのが、手裏剣の的の練習をしていたのか、皆目検討もつきません。 前夜祭では「アート工房手裏剣部」というチームが団体戦に出ていたので、もしかしたら部員たちに的にされたのかも… 果たしてこの男の実力は…

[wp-svg-icons icon=”point-down” wrap=”i”]次章はこちら! [blogcard url='http://ninjack.jp/igasyuriken8-2/' width='' height='' class='' style='']

[su_box title=”関連リンク・参考文献” style=”noise”] [wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”] 伊賀流手裏剣打選手権大会 [wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”] 伊賀流忍者博物館 [/su_box]]]>