Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

メニュー

2019/06/14発売:志坂 圭『天生の狐』 (ディスカヴァー文庫)

2019-08-14
約 2 分
2019/06/14発売:志坂 圭『天生の狐』 (ディスカヴァー文庫)
発売日2019/06/14(金)
著者志坂圭
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格864円
ジャンル時代小説

あらすじ

舞台は江戸時代の天生(現在の岐阜県飛騨市)。
主人公は、医者の助手として、山で薬草を採って暮らす十七歳の少女、紺。
紺は元武家の娘だが、幼い頃に両親が殺され、医者の宋哲に育てられてきた。
宋哲の裏の顔は幕府に使える地方の忍「草」であり、紺もまた忍びの技を仕込まれて育つ。
ある日、街へ降りた紺は、どこか見覚えのある顔をしたひとりの武士を見かける、その武士こそが、
凄腕の剣士であり、両親の仇である男「津田」であった。
それを知ったことにより、「仇討など馬鹿らしい」と思い生きてきた紺に初めて熱い気持ちが湧きおこる。
「忍」として育てられた少女は、はたして両親の敵を討てるのか?
第一回本のサナギ賞大賞著者、待望の新作。

この記事を書いた忍者

Ninjack編集忍(忍者ジャーナリスト)嵩丸
世界各地で活躍する諸将の皆様へ、Ninjack.jpを通じて各地の忍者情報を密告する編集忍者。忍者に関することであれば何でも取材に馳せ参じ、すべての忍者をJackすべく忍んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Feedly
Send to LINE