Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

映画「関ヶ原」に学ぶ忍びの諜報活動の重要性|Nin-tertainment

映画「関ヶ原」に学ぶ忍びの諜報活動の重要性|Nin-tertainment




こんにちは、Ninjack編集忍です。

本日公開の映画「関ヶ原」を鑑賞しに行ってきました。

司馬遼太郎の長編小説「関ヶ原」を原作とした、あの日本史上もっとも有名な戦とそこにいたる各武将の様子を描いた作品です。

原作では石田三成の愛妾として描かれる初芽が、映画では伊賀の忍びとして有村架純さんがヒロインとなって登場!

初芽を忍者にしたことで、映画オリジナルの忍者キャラクターたちが登場します。

映画・関ヶ原において忍者が果たした役割とその重要性を追っていきたいと思います!

※この記事は映画「関ヶ原」のメインストーリーにはほぼ触れませんが、忍者部分ではネタバレしていますので、映画をまだ見ておらずに楽しみたい方は読まないことをオススメします。

「関ヶ原」に出てくる伊賀の忍び達

石田三成と徳川家康との間に起こる政治的な攻防戦。

軍事的な戦であれ、政治的な戦であれ、相手方の情報をいち早く入手することが勝利への大事な鍵となります。

作中でも、家康が加藤清正に対し、朝鮮出兵における小西行長への訴状を提出することを勧め、家康が秀吉亡き後の立場を有利に進めようとしていました。

が、この情報を三成が掴み、逆に小西行長から加藤清正への訴状を先に提出することで、家康の思惑を封じ込めたというシーンが。

家康のこの動きを察知できていなければ、三成は家康から相当な打撃を受けるわけですが、家康の失敗に終わったのです。

ここで活躍したのが伊賀の忍び達で、劇中で鍵となる忍者は全部で3忍。

三成に命を拾われ、三成のために奉公する初芽

彼女は伊賀に生まれ、武田に仕えた後、最上家で働いていた忍びでした。

そしてくノ一として家康に仕え、身の回りの世話をしていた蛇白

彼女はその後、家康に寵愛されてかの有名な側室「阿茶」の名を賜りました。

そして過去は上杉の仕事をし、金のために石田・徳川の間を行き来する赤耳

この中でも特に赤耳は、遠く離れた場所でもあらゆる音が聞こえる特殊能力の持ち主です。

最初は家康に仕えていた忍者です。

彼女ら、彼らは全員同じ伊賀者なのですが、全員依頼元が違うという状況にありました。

「忍び市」なる情報マーケット

同じ伊賀者でも別の依頼元に仕える忍者達ですが、劇中では「忍び市」と呼ばれる会合を行なっていました。

そこではお互いに、各々が仕える武将達に関する情報交換を行なっていたのです。

実際に伊賀の忍びたちは全国にネットワークを持っていて、情報交換をしていたとも言われています。

全部漏らしてしまうと信用がなくなりますから、おそらく薄い情報だけを交換し、革新的な部分は伝えていなかったことでしょう。

ここで初芽は、主君と敵対する家康に仕えていた赤耳をお金で買収し、忍び市では言えないような情報を入手して三成を助けます。

情報があるだけで自分の命も救う。

そんなとき忍者は頼もしいですね!

「忍者いらねーよ」と思うかもですが・・・

関ヶ原に至る武将達の生き様を描く本作品で頻繁に忍者が出てくるので、「おいおい、武将見たいんだよ。忍者入ると一気にうさんくさくなるからいらねーよ」と思う方もいるかもしれません。

 

確かに忍者がびゅんびゅん手裏剣投げたりすると、一気にその作品が薄くなったりはするので忍者の乱用には気をつけたいところですね。

ただ、逆に考えてみてください。

いつも時代劇を見てて思うのは「徳川家康がどこどこにいます!」とか「あの武将とあの武将が同盟結びました!」とかって、「誰がそれ見てきたの?どうやって知ったの?」と思ってしまったりもします。

だって移動手段は馬とかしかない時代ですよ。

戦国時代における情報の伝達は、入手してから届けるまでも時間がかかりますので、いかに早くキャッチするかが重要なのです。

戦国時代にロイター通信のような通信社があったわけでもないので、自分が欲しい情報は自ら入手せねばなりません。

そうなったとき、黒装束はきてないのは当たり前としても情報収集を専門に担った人物が複数名は必ずいたはずなのです。

忍者の描写はこの映画の完全オリジナルではありますが、忍者がいたことによって、どうして三成や家康がそのような行動に出たのかを裏付けるリアリティが、逆にあったのではないかと思います。

初芽はすぐ暗殺しようとするでいけませんが(笑)、情報収集の重要性がわかる作品だったと思います。

忍者のみなさんは、武将の右腕としての忍者とはどう生きるべきかを学べること間違いなしです!

Ninjack編集忍

早口すぎて何言っているのか聞き取りづらかったけど、合戦シーンはダイナミックで歴史考証もしっかりしてそうだったので勉強にはなりました!

関連リンク・参考文献
Return Top