Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

【Nin-terview #015】熱く生き、エンタメを極めてみせる! 〜徳川家康と服部半蔵忍者隊「炎の伊吹」〜

【Nin-terview #015】熱く生き、エンタメを極めてみせる! 〜徳川家康と服部半蔵忍者隊「炎の伊吹」〜




徳川家康と服部半蔵忍者隊の特別連載第5回目は、服部半蔵忍者隊で唯一初代から続投して忍んでいる炎の伊吹殿。

伊吹殿は400年前の戦国時代から転生された忍者ですので、以下の点を考慮の上でお楽しみいただければと思います。

・インタビュー中は「ござる口調」での会話でしたが、記事として見やすくするために現代語に訳しています。

・現代に転生されてから忍者隊の結成までの間、世を忍ぶ仮の姿での生活期間があります。そのため、忍者によっては世を忍ぶ仮の姿の人格としてインタビューにお答えていただいている部分も多くあります。

自分を高めるために忍者へ

05

Ninjack編集忍

伊吹殿は忍者隊に入る前は何をされていたのですか?

伊吹 今も現役なのですが大学生ですね。普段は役者とダンスもやっています。

Ninjack編集忍

現役大学生だったんですか!伊吹さんだけが初代から続投だと思うのですが、初代の服部半蔵忍者隊になった経緯を教えてください。

伊吹 舞台の稽古をやっていたときに、初代の三平だった友人が忍者隊のオーディションを受けるって聞いたんです。初代三平は役者としても友人としても尊敬していて目標にしている人だったので、三平がやるなら!と忍者隊のオーディションを受けたんですね。それがきっかけでした。狙いとしては、忍者隊で総合的なパフォーマンス力を上げたいという思いからでしたね。

Ninjack編集忍

そうだったんですね!では忍者好きから入ったわけではないってことですね。

伊吹 「忍者が好き!」というわけではなかったですが、忍者隊に入ってから忍者の心構えや忍者の精神、忍び耐える心には惹かれるようになっていきました。小さい頃は空手やボクシングなどをやっていて、半端じゃない練習量に耐えて耐えて修行を積んできたのですが、その時の耐え忍ぶ精神が忍者の精神と同じだということに気づき、今ではすごく親近感を持っています。

Ninjack編集忍

まさに忍びですね!実際に忍者隊に入ってみて、成長は実感できていらっしゃいますでしょうか?

伊吹 やはり最初に比べるとトークがかなりできるようになってきました。突然何か言えと言われても対応できるようになったりとか。最初は全く喋れなかったんです。服部半蔵忍者隊のショーはダンス、トーク、殺陣、芝居、アクロバットが20分の中にふんだんに詰まっています。これをいつもやっていると、嫌でも表現力が身につきますね。

Ninjack編集忍

なぜ忍者隊の2期目も続投しようとされたのですか?

伊吹 初代の忍者隊をやっている中で最初はいっぱいいっぱいだったんですけど、だんだんと自分のモノになりかけていて、楽しくなってきたのが第一期が終了する頃だったんですね。「掴みかけてきたのにここで終わってしまうのは嫌だ!もっと自分に染み込ませたい!」と思い、二期目にも応募しました。

Ninjack編集忍

なるほど!2回目のオーディションが受かったときはどんな気持ちでしたか?

伊吹 1回目よりも2回目は応募者が結構多いと聞いていたので、その中で選んでいただけたというのが嬉しかったですね。合格のお電話をいただいたときはちょうどセントレアにいて、ベルトコンベア式エスカーターみたいなのに流されているとこでした(笑)

初代の想いも背負って忍者隊を紡いでいく

03

Ninjack編集忍

自分だけが初期の忍者隊を経験していることで何か特別なことはありましたか?

伊吹 最初の頃は自分だけが知っていることが多かったので、それを今の隊のみなさんに伝えようと必死になってやりました。新しいメンバーとのコミュニケーションをまたイチから構築しなくてはならない点は不安でしたが、それも勉強になると思って飛び込みましたね。最初はうまくいかないこともたくさんありましたが、なんとかここまでやれてきています。

Ninjack編集忍

初代メンバーとは今でも交流はあるのでしょうか?

伊吹 もともと仲がよかった初代三平くんとは今も舞台などで共演したりしています。初代の半蔵様は最近お会いしてないですが、だいぶ忍者としてご活躍されていると噂には聞こえてきますね!

Ninjack編集忍

2代目の半蔵様が封印したあの初代半蔵様のポーズ、一番間近で見てきた伊吹さんにもやってもらってもいいですか?

伊吹 僕のは上手いですよ!

01

Ninjack編集忍

さすがですね!腰の角度が違う!伊吹さんは新旧両メンバーを知っている中で、今どんな思いで忍者隊をやっているのでしょうか。

伊吹 初代の服部半蔵忍者隊のメンバーが「昔、服部半蔵忍者隊をやっててよかったな」って思ったり、忍者隊だったことを周りの人に自慢できるように、忍者隊をもっと活躍させて有名にしていきたいですね。そのためにも僕自身、頑張っていきたいです。

まっすぐな熱き想いを見て欲しい

02

Ninjack編集忍

今忍者隊で活動をしていて楽しいことや嬉しいことは何でしょうか?

伊吹 自分が狙ってやろうとしたことがお客様に受け入れていただいたことでしょうか。最近はトークでお客様にいかに楽しんでいただくかを研究しているのですが、「こう話すと面白いかな?」と思ったことがウケるととても楽しくなります。最近はバラエティ番組を見て忍者隊のトークに何か活かせないかを研究しています。ちなみに「しゃべくり007」は勉強になりますね(笑)

Ninjack編集忍

「しゃべくり007」仕込みの忍者隊トークショー、今後楽しみにしてますね!笑 逆に忍者隊をやっていて難しいことはありますか?

伊吹 自分でいうのも何なんですが「炎の伊吹」というだけあり、熱い思いをもって日々生きております。ですが忍者ってどちらかというと内に秘めたものじゃないですか。どこまで自分の情熱を外に放出しちゃっていいのだろう、と葛藤することがありますね。とはいえ、パフォーマンスには常に全力で取り組んでいます。ダンスが得意ではありますが、それ自体というよりはこの熱い熱いまっすぐな想いを見てもらえたらと思っています!

Ninjack編集忍

さすが炎の伊吹だけあって熱いですね!

伊吹から見る服部半蔵忍者隊

04

Ninjack編集忍

伊吹さんから見て服部半蔵忍者隊の良さはどこにあると思いますか?

伊吹 みんな素晴らしい個性があるところだと思います。その個性を無駄にしないようにこれからもメンバー間の絆を成長させられたらなと思っております。

Ninjack編集忍

こんなメンバーのあんな意外なところなどあれば教えてください!

伊吹 お昼ご飯を買ってきたり、持ってきて食べたりすると思うんですけど、だいたいそばとか幕内弁当とかじゃないですか。カレーだったり、牛丼だったり。みんなそんなもの食べてたんですが、ふと天を見ると、天はリンゴを食べてるんです。1個を丸かじり。その時「いやぁ天ってやっぱすげーな!」って思いましたね。

Ninjack編集忍

かっこ良すぎますね!一番目を見張るメンバーは誰ですか?

伊吹 忍者隊の二期目が始まって、一番最初に何もなく白紙の状態だったのは三平だったんです。でも彼は稽古中、ずーっと自分や他のメンバーの動きを見ているんです。結果、彼はどんどん多くを吸収していって、みるみる成長していっているように僕からは見えます。その吸収と成長の早さはすごいな、って素直に思いますね。演武をしていても何をやっても返してきてくれるので、三平は安心できます。

Ninjack編集忍

すごいですね!この人は面白いな、って思う忍者は誰ですか?

伊吹 天と話していると面白いですね。水蓮と天とはエンターテインメントに関してよく話すのですが、天は海外で培ったエンタメの視点があったりするので勉強になります。

Ninjack編集忍

これは見習いたい!と思う部分はありますか?

伊吹 アクロバットに関してはみなさんホントすごいな、と思います。それ以外については自分は誰にも負けない自信があります!自分でも嫌になるくらい負けず嫌いなんですよ(笑)

Ninjack編集忍

熱いっすね!この忍者隊をどのようにしていきたいですか?

伊吹 僕はもっとテレビに忍者隊を進出させていきたいと思っています。愛知県の観光PR隊でありながらもエンターテイメントに貪欲でありたいです。観光客を本当の意味で「観てよかった」「楽しかった」と言わせられる集団でいつづけたいですね。「愛知県と言ったら忍者隊」。まだそこまでは名物ではないですが、みなさんがこう言ってくれるほど有名になりたい。そのために日頃から貪欲に生きていきたいです。

伊吹にとっての忍者

07

Ninjack編集忍

伊吹さんにとって忍者とは何でしょうか?

伊吹 転生する前は、忍者には心を殺して行わなきゃいけないことがたくさんありました。そんなとき、迷いが少しでも生じていると、やらなくてはいけないこともできなくなります。とにかく自分を信じて突き進むこと。その時その時の時代を背負い、己に負けず、己を曲げず信じた道を貫く者。これが忍者なのだと思います。

Ninjack編集忍

Ninjackをご覧の読者の方にひとことお願いします!

伊吹 今頑張っていることはありますか?少しつらいなと思うことはありますか?
忍者を通して僕が学んだことは一生懸命頑張っていればどこかで誰かが見ていてくれるということです。
継続してみてください。諦めないでみてください。

必ず何かが変わる時がきます!!

Ninjack編集忍

アツい!ありがとうございました!

編集後記

終始アツい想いをぶちまけてくださった伊吹さん。

もう火傷しそうなほどアツい男、いや「漢」でした。

現状に満足せず、常に上を向いて突進していく姿勢は見習いたいところです。

これからもアツい忍者魂をくすぶらせることなく昇華させていって欲しいですね!

関連リンク・参考文献
Return Top