Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

【Nin-terview #007(1/2)】八門遁甲を駆使する金峰山修験本宗山伏「岡本頼幸」

【Nin-terview #007(1/2)】八門遁甲を駆使する金峰山修験本宗山伏「岡本頼幸」

忍者になるためにガチ山伏になった「岡本頼幸」インタビュー!

忍者のルーツは山を駆けて修行する修験者、いわゆる山伏だと言われています。
忍者の根本を知るには修験道を学び、知らなければなりません。
その真実に着目し、ガチの山伏になった男がいます。
本気で忍者として生きていこうとするその男の名は「岡本頼幸」さん。
日々の修行や今後の活動、忍者に対する想いなどを掘り下げます。
すべてのNINJAをJackするNinjack.jpがお届けする忍者深掘りインタビュー第7弾です。

元歌舞伎町ホストの忍者参上

忍者

Ninjack編集忍

頼幸さん、どうぞ宜しゅうお願い致します!今のお住まいはどちらですか?

頼幸: 拙者、生まれも育ちも現住所も摂津国にて・・・

Ninjack編集忍

あ、普通に話していただいて大丈夫です。ずっと大阪にいらっしゃるんですね。

頼幸: 普通でいいんですね・・・。ずっと大阪ですね。ただいっとき新宿の歌舞伎町にてホストをやっていた時期があります。甲賀流伴党21代目宗家の川上仁一先生のお弟子さんが、甲賀伴党忍術道場の関東支部立ち上げで遠征に行かれた際に追いていったんですよ。忍者は何でも知らなくてはならないですからね!「夜の仕事をちゃんと知らなくては」と思い、ホストになりました。わかります?昼と夜、どっちも知らなあかんのですよ。
ちなみにホスト名は「左之助」でした。るろうに剣心の相楽左之助が好きだったんで!

Ninjack編集忍

別にホスト名とか聞いてないです(笑) じゃあ得意技はやはり「二重の極み」でしょうね。見せてもらってもよいですか?

頼幸: しゃあないなぁ。一瞬やから良く見といてくださいね。
(といって目を二重にする頼幸さん・・・)※写真撮りたかった

Ninjack編集忍

それ違うやつですやん(笑)

頼幸: え、これ二重の極みちゃうんですか?あ、ちゃうのか!アホやんな!(笑)

Ninjack編集忍

そろそろ真面目にやらせてください!(笑) 小さい頃から忍者が好きだったんですか?

頼幸: 小学校5年の頃から興味を持ち始めました。あまりにも好きすぎて忍者忍者言ってたら、中学校に上がるときに「今年入ってくる1年の中にどうやら忍者がおるらしいで」って噂になったしまったんですよ。そんなん言われたら・・・忍者にならなアカンじゃないですか。周りの期待に押され、忍者になるべくしてなったと言っても過言ではないかもしれません。

Ninjack編集忍

そ、そうですか…。小学生の頃に忍者に興味を持ったのはどんなきっかけなのですか?

頼幸: 最初は忍者関係なく、剣道をやってたり、薬草とか毒のある植物とか、カエルとかの研究に興味があっていろいろ夢中になってたんですよ。でもそれらの共通点に気づいてしまったんですよね。そう、辿り着くのは当然、忍者です。ある時、忍者ハットリくんか何かの忍者作品を見たときに「これや!」と思って一気に世界が開けてきたんですよね。

Ninjack編集忍

剣術、薬、毒、カエル・・・確かに!もともと興味あった方があってそれらを包含していたのが忍者だったわけですね。

頼幸: そうそう。よく人のモン盗んでましたしね!お菓子屋さんで何買おうかずっと迷ってて、おばちゃんが「また決まったら声かけてねー」って奥に引っ込もうものなら、ブワーっとポケットの中に大好きなラムネを詰め込んだもんです(笑)
※安心してください、冗談ですから

Ninjack編集忍

忍者とかじゃなくて完全にアウトです(笑)ちなみに「頼幸」の名前は自分でつけたのでしょうか?

頼幸: そうですね。ってかその前に「岡本」って普通過ぎですな。「花京院」とかにすればよかったですわ。
それは置いといて、昔「源頼光」いう源氏の侍がいてそこから名前をもらいました。昔話で桃太郎など鬼退治の物語がたくさんありましたが、その源頼光は唯一「人間 vs 妖怪」というテーマの物語「御伽草子」に実在のモデルとしても出て来ていて、妖怪を退治のエキスパート侍なんですわ。金太郎のモデルになった坂田金時も、実は源頼光の四天王なんですよ。その御伽草子の最後のラスボスは「酒呑童子」いう鬼で、最初に倒したのはあの「土蜘蛛」。鬼に警戒されずに近づくために山伏に変装したなんていう描写もあります。
本当は頼光さんの「光」の方の字がよかったんですが、姓名判断したら吉凶があまりよろしくなくて「幸」の方にしました。

Ninjack編集忍

ちなみに架空や空想の忍者で好きな忍者はいますか?

頼幸: そりゃもう「力丸」ですやん、天誅シリーズの。やったことあります?本当に泣けるんですわ。心が震えるというか。忍者の理想そのものです。特に天誅2の力丸は最高ですね!

Ninjack編集忍

天誅は3と4しかやってません…

頼幸: あかんですよ、天誅が一番いいのは1と2ですから!4とかラスト最悪ですし。「力丸、お前の今までの強い精神どこいった!?」って感じのラスト、あれは承服しがたいですわ。この前東京のイベントでフロムソフトウェアの天誅シリーズ制作プロデューサーの方とお話しましたが熱弁してやりました!

忍術の師匠は占星・修験・そして忍術

お参り

Ninjack編集忍

本格的に山伏になった経緯やお考えを教えてください。

頼幸: 忍術が発祥した地域の人々が信仰していた宗教が修験道というのは間違いないと思うんですよ。それは昔ある秘伝書を見て確信に至りました。忍術の中でも有名な七方出なんかにも山伏はありますし。忍者でよく臨兵闘者・・・という九字護身法がありますが、あれは発祥は山伏ではありません。中国の道教です。山伏もそれを術として使っているのですが、あるとき吉野の修験者の方にお話をお伺いすることがあり、お話を聞いているうちに山伏から見えてくる忍者像もあるだろう、と思い、弟子入りさせてもらって、いろいろと学ばさせてもらいました。27歳ぐらいの頃ですね。その頃、同時に他に風水や占星術の先生にも弟子入りしています。

Ninjack編集忍

意外と最近なんですね。それまでは忍者としては何をされていたのですか?

頼幸: それまではずっと川上先生のおっかけをやっていました。20歳くらいの頃からですからもう10年以上でしょうか。実在していた忍者で一番尊敬しているのは甲賀伴党宗家21代目の川上仁一先生です。あのお方はこの現代においても人生を忍者一筋にかけていらっしゃいます。ずっと弟子入りしたくて何度もお願いしていますが、ご本人はもう弟子は取らないとおっしゃっていてやはりなかなか取り合ってはいただけません。どれだけ本気なのかをわかってもらいたいという思いもあり、忍者に深く関連する修験道や占星の道にも入りました。

Ninjack編集忍

なるほど。占星が気になるのですが、どんなことを学ぶのでしょうか?

DSC_0034

頼幸: まず占いというのはいわゆる「天地人」すべてから物事の行く末を見る学問です。その中でそれぞれのやり方があって、完全にこれを見るときはコレ、と分類できるわけではありませんが、大まかに以下に分類されます。
・天: 八門遁甲(奇門遁甲)・・・星や方角の動きで吉凶を占うもの
・地: 風水・・・建物の場所や向きなどで吉凶を占うもの
・人: 四柱推命・・・人の生まれ生年月日や場所などによって吉凶を占うもの
ひとつ言っておきたいのは占いは統計学というヤツがおりますが、占いは統計学ではありません。天文学です。だから昔の人々はずっと星を見ていたのです。拙者が以前携帯電話を無くしたとき、八門遁甲を使って見つかるか見つからないかを占ったことがあるのですが、無事見つかったことがありました。そもそも八門遁甲って何なのか、教えて差し上げましょう!

▼第2巻へ続く・・・

Return Top