Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

【坂本浩一】「NINJA ZONE」は新たな忍者娯楽の解釈の形 坂本浩一監督に聞く忍者の魅力とは?

【坂本浩一】「NINJA ZONE」は新たな忍者娯楽の解釈の形 坂本浩一監督に聞く忍者の魅力とは?

2018年9月5日〜9日まで六行会ホールにて行われる忍者舞台「NINJA ZONE 〜RISE OF THE KUNOICHI WARRIOR〜」。

その魅力についてキャストの宮原華音さん、竹内舞さんにお話を聞いてまいりましたが、もう少しNINJA ZONEのストーリーや世界観を紐解いてみましょう。

徳川・伊賀YAKUZA忍者 vs 甲賀アイドルKUNOICHIの新感覚エンタメ

NINJA ZONEの舞台は架空の街「華舞綺TOWN(カブキタウン)」で、その町を牛耳る巨大悪組織が徳川組というYAKUZA忍たち。

その2代目の組長はが徳川秀忠、側近の服部半蔵やYAKUZA忍とともに町を暴力と恐怖で支配しています。

そんな街で、唯一人々に夢を与える場所が竜宮館<DRAGON INN>という場所で、龍宮館では、5人の美女たちによるグループ“BLASTING GIRLS”のパフォーマンスが、人々に夢や勇気を与えています。

そして彼女らの正体は華舞綺TOWNを裏から守る” 甲賀流FEMALE NINJA WARRIOR=KUNOICHI”だったのでした。

街の支配を深めるため、組長・徳川秀忠は伊賀流YAKUZA-NINJA六人衆 “BURAIKANN”を招集し、竜宮館の排除に動き出します。

甲賀流KUNOICHI集団と、徳川組伊賀流忍者部隊とが激しい戦いを繰り広げる物語、それがNINJA ZONEなのです。

伊賀忍者が正義、甲賀忍者が悪という図式が多い中で、今回は「正義+甲賀+くノ一+アイドル」 vs 「悪+伊賀 +タヂカラ+ヤクザ」という複合要素のぶつかりあいが、大変おもしろい構図となっています。

また、アイドル・パフォーマンス集団という要素があるためにダンスや歌が入りますし、芝居はもちろん、バトルとしての殺陣・アクションがミックスされた、大変贅沢な要素がてんこもりされた舞台となっているのです。

果たしてこの世界観や舞台として、忍者をどのように捉えてどのように表現しようと考えたのでしょうか。

NINJA ZONEの製作指揮をとるのが、パワーレンジャーやウルトラマン、仮面ライダーなどの監督を手がけてきた坂本浩一監督。

今回はNINJA ZONEに対するお考えや、忍者に対する思いなどをお伺いすべくプチNin-terviewしてみました。

坂本浩一監督にプチNin-terview

Ninjack編集忍

今回監督が手がける舞台を「忍者(NINJA)」を題材にした理由や忍者コンテンツが持つ可能性について教えてください。

坂本浩一 「忍者(NINJA)」という題材はとてもグローバルで、日本国内だけでなく、外国の方々にも人気な為です。アメリカと日本では「忍者(NINJA)」の解釈にかなりの開きがあると思います。アメリカでは忍者は80年代後半~90年代前半にかけて流行った、ショー・コスギさんの作品群の影響が強く、隠密部隊というよりは、スーパーヒーローに近い扱いになっていますね。今もなおハリウッドで忍者を扱う作品が多数作られ、今後も広がっていく可能性が大きいと思っています。

Ninjack編集忍

世界観として日本の魅力がてんこ盛りですよね。この世界観を創作されるにあたってのこだわりなどがございまいしたら教えてください

坂本浩一 時代劇を見る習慣がない若い世代にも、敷居を低くして作品を楽しんでもらえるように工夫しました。自分が大好きな山田風太郎の「忍法帖」シリーズのような世界観を独自にアレンジして、様々な世代の人たちに楽しんでもらえる作品を目指しています。

Ninjack編集忍

今回は甲賀忍者=正義、伊賀忍者=悪なのですよね。これはなぜでしょうか?

坂本浩一 どちらかというと伊賀を主役&正義とした作品が多いのですが、今回は大きな組織に立ち向かうヒロインたちの活躍を描きたかったので、あえて徳川に仕える伊賀忍者側を悪者として物語を構成しています。徳川が大きな組織という事は歴史や時代劇に詳しくない人たちでも知っている事だと思ったので。

Ninjack編集忍

坂本監督といえばアクションですが、今回のアクションの見どころを教えてください。

坂本浩一 様々な忍者が登場する物語なので、各自のキャラが分かりやすいようにアクションもデザインされています。各自のユニークなスタイルに注目して頂きたいです。また、ドラマとアクションだけではなく、歌やダンス、コメディなど色々な要素がてんこ盛りで、絶対に飽きさせない楽しい作品になっているので、自分の推しキャラを見つけて何度でも観ていただきたいです!

Ninjack編集忍

この作品を通して観客の方に感じてほしいこと、狙いなどがあれば教えてください。

坂本浩一 日本が誇る「忍者(NINJA)」というコンテンツは、エンターテイメントの一部として、現在日本よりも海外の方
が様々なメディア展開が行われています。それを再度逆輸入&アレンジして、今の日本の人たちが楽しめるコンテ
ンツとして広げていきたいです。「忍者(NINJA)」の持つ魅力を再確認して欲しいです。

Ninjack編集忍

坂本監督にとって「忍者」とは何でしょうか?

坂本浩一 自分にとって「忍者」とは二つの解釈があり、一つはハリウッド映画に登場するような娯楽性のあるヒーローとしての存在。大好きな山田風太郎の「忍法帖」シリーズや、子どもの頃よく見ていたテレビ時代劇「影の軍団」などもですね。それともう一つは現実の歴史上に存在した隠密行動の専門家=スパイとしてのミステリーな部分。それぞれに違った魅力を感じます。共通しているのは、「忍者」という存在は、自分のクリエーターとしての創作意欲を刺激する非常に魅力的な存在だという事ですね。

Ninjack編集忍

読者の方にひとことお願いいたします!

坂本浩一 是非一度劇場に足を運んで頂き、娯楽としての新たな解釈の「忍者」を楽しんで頂きたいです!

Ninjack編集忍

ありがとうございました!

まもなく公演開始するNINJA ZONE。

チケットをまだお求めでない方は、以下関連リンクの公式HPよりお求め下さい!

関連リンク・参考文献

NINJA WRITER

Ninjack編集忍(忍者ジャーナリスト)嵩丸
世界各地で活躍する諸将の皆様へ、Ninjack.jpを通じて各地の忍者情報を密告する編集忍者。
忍者に関することであれば何でも取材に馳せ参じ、すべての忍者をJackすべく忍んでいる。
Return Top