Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

Ninjack Presents「2017年忍者ニュースランキング」発表!

Ninjack Presents「2017年忍者ニュースランキング」発表!

こんにちは、Ninjack編集忍です。

気がつくともう年の瀬、みなさん大掃除は終わりましたか?

この1年もいろんな忍者ニュースが世間を賑わせましたね!

ということで、今年も1年の忍者ニュースを振り返るNinjack Presents 「NINJA News Ranking 2017」景気良く行ってみましょう!

なお、ランキングの順位はより忍者業界の盛り上げに貢献した順として、Ninjack編集忍の独断と偏見により決めております!

10.今年も盛況!忍者本の出版が相次ぐ!

昨年に引き続き、今年も忍者研究本や子供向けの忍者の真実、そして現代を生きる忍者のノンフィクションなど、忍者関連書籍が大量に出版されました。

読んだ書籍の全ては記事を書けていませんが、過去にも書評を書かせていただいております。

KADOKAWAで精力的に忍者本を世に送り出し続ける敏腕編集者「麻田江里子」さんにも忍者本編集のお仕事についてNinterviewしてみましたので、ぜひご覧ください。

来年もまだまだ出てきそうですね!

9.習志野青龍窟のメディア出演ラッシュ!

江戸隠密「武蔵一族」の大番頭・習志野青龍窟さんが今年はかなりのメディア出演をされていました。

今一番メディアで有名な忍者さんではないでしょうか?

特に有名になったのはそう、「チキンアタック」!

不可思議なヨーデルに乗せて戦う忍者の姿が人気となり、全世界に広まりましたね。

その後、夏恒例の24時間テレビでも嵐と対決した習志野さん。

縮地の法をお茶の間に届けてくれました。

今後の活躍も期待したいですね!

8.四季の森武道塾「大和柔兵衛」が手裏剣大会二連覇!

2017年3月に行われた第8回伊賀流手裏剣打選手権大会。

本大会の優勝者は、大会史上初の二連覇をなされた大和柔兵衛さんでした。

来年の第9回予選はすでに終了し、全国の猛者どもが次の大会に向けて揃いました。

次の純金手裏剣を手にするのは一体誰でしょうか!?

7.浅草や新宿、渋谷…新しい忍者施設が続々OPEN!

2017年には、実は忍者体験施設やレストランなどもたくさんオープンしていました。

まだ取材にはちゃんと行けていませんが、今年オープンした忍者関連スポットを紹介しましょう!

「NINJA SAMURAO DOJO」in 浅草

京都の「NINJA DOJO and STORE」と東京の「武蔵一族本陣」がコラボレーションして創った外国人向けのライトな忍者体験施設。

内装が本当にカッコ良いですし、雷門の目の前で非常によいアクセスとなっています。

サクッと入って手裏剣体験や忍者グッズを手に入れることができますので、浅草お立ち寄りの際はぜひ寄ってみてください!

「HOOKAIDO NINJA DO!」in 北海道

北海道札幌にオープンした忍者体験施設「HOKKAIDO NINJA DO!」

送迎付きで、送迎の時間でも楽しめる工夫が凝らされているのだとか!

来年には一度行ってみたいと思っています!

忍者茶房「KUNOICHI」in 渋谷

タヂカラ忍者の夢であるくノ一カフェ「忍者茶房KUNICHI」が渋谷に11月オープン!

カフェとして楽しめるだけでなく、1日忍者体験なども実施しています!

くノ一づくしのカフェ・・・行くしかない!

忍術レストラン「NINJA SHINJUKU」in 新宿

「NINJA AKASAKA」や「NINJA KYOTO」 などのコンセプトが素晴らしい忍者レストランがついに新宿にもオープンしました!

外国人のお友達などが来日した際には、ぜひとも連れて行きたいですね!

6.信州上田に時を超えて「真田忍者の末裔」が集まる!

昨年真田丸で人気を博した上田の地に、真田忍者たちが400年の時を超えて集結しました。

歴史的に考えても、これはなかなかすごい出来事です!

当時の模様をレポしていますので、ぜひ読んでみてくださいー!

5月には上田まつりにたくさんの忍者も集まりました。

上田の今後の忍者的躍進にも非常に期待ができますね!

5.女忍者の世界「くノ一の日」が盛り上がる!

9月1日を「くノ一の日」として日本を盛り上げよう!というキャンペーンが実施され、全国でくノ一達が盛り上がりました!

くノ一イベントの当日はあいにくの台風により規模縮小しての実施でしたが、全国からくノ一たちが集まり、大変盛り上がりました。

くノ一の日連動イベントも数多く実施され、非常に盛り上がっています!

そして毎年行われていた尼子先生主催の「くノ一ぶどう大会」も惜しまれながらファイナルを迎えました。

来年ももっとくノ一達が活躍しますよーに!

4.「国際忍者研究センター」「忍者学受験」など三重大学の躍進!

2017年7月1日、三重大学が伊賀市内に「国際忍者研究センター」を設立しました。

国際的に忍者を研究していこうというこの機関、激アツです。

さらに、三重大学は来年の大学院入試試験科目に「忍者・忍術学」を導入することを発表。

常に忍者研究の最先端を行く忍者大学こと三重大学が、今年も攻めてましたね!

ぜひ受験しましょう!

3.伊賀・甲賀が「日本遺産」に認定!

2017年4月、三重県伊賀市と滋賀県甲賀市が忍者の里として「日本遺産」に登録されました。

忍者が育ち、活躍した地域の歴史的価値が認められ、遺産として認定されたのは大変嬉しいこと。

忍者をエンタメだけでなく、歴史的な資産としてもっと広めていく活動をしていきたいですね!

2.忍者足りないよ…世の中が「忍者不足」に!

2017年8月頃、世間を騒がせたニュースといえばなんといっても「忍者不足」というキーワード。

もし忍者業界の流行語大賞を決めるとしたら、間違いなくこれでしょう。

特に佐賀県嬉野の肥前夢街道の「忍者少ないっす」アピールは、さすがのPRスキルと言わざるを得ませんでした。

来年は忍者たくさん増えることを期待したいですね!

1.大野智主演・映画「忍びの国」公開!

そして今年の映えある第一位は、なんといっても「忍びの国」の映画公開でしょう!

大野智主演で世間の人々に忍者の魅力をこれでもかとアピールした作品でしたね。

2018年2月2日のニンニンの日には、Bru-rayやDVDも発売されますので、見逃した方ももう一度見たい方もお買い求めくださいね!

エンタメや学術研究、レジャーや飲食などの様々な側面から今年も盛り上がった忍者業界。

来年からは、いよいよ日本に注目が集まる2020年のオリンピックに向けて、様々な忍者関連の団体が、忍者コンテンツを使ってより世界に向けて盛り上げの仕掛けをしていくことでしょう。

2018年も忍者がきっと今年以上に盛り上がって行くこと間違いなし!

2017年の途中からなかなか忍者をJackしきれない状況となってしまいましたが…Ninjackも忍者業界屈指の忍者総合メディアとして来年も忍んで行きたいと思います。

来忍もよろしくお願いいたします!

Return Top