Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

【Nin-Repo】大激論!忍者界の未来を語る「忍者ミーティング in伊賀」に潜入してきた!(2/2)

【Nin-Repo】大激論!忍者界の未来を語る「忍者ミーティング in伊賀」に潜入してきた!(2/2)

いよいよ激論・忍者ミーティング開始!

参加した37忍に日本忍者協議会の事務局など4忍を加え、総勢41名が集結した忍者ミーティング

mtg参加者はこちら

忍者界の未来を切り開く会議となるのか?

果たして忍者にとって希望の見える結論は出るのか?

熱い激論の火蓋が切って落とされます!

忍者を広めるのに必要な「和」

50

日本忍者協議会事務局長・立石邦博殿が最初の議題を提案します。

立石 本日はよろしくお願いいたします。さて、まず1つのテーマに絞ってお話をさせてください。私たちは忍者を更に盛り上げたい同志だと思っておりますが、徳川家康と服部半蔵忍者隊さんの忍者募集では9割が外国人の応募であったり、NINJA DOJO and STOREさんのお客様もほとんどが外国人とのことでした。海外の方に忍者が人気であることはよいのですが、日本の文化として誇るべき「忍者」というものを日本の方に知ってもらって盛り上がっていただくためには、みなさんや私たちは何をしていけばよいと思われますか?
とはいえいきなりお話しづらいと思いますので、まずは溝畑さんにご意見を伺いましょう。

56

溝畑 私は観光庁にいたときにJリーグの担当もしていたのですが、サッカーを愛するサポーターの横のつながりがまた愛する仲間をどんどん増やしていったことですごく盛り上がったんですよね。そのように忍者を愛するみなさんが次々と仲間を増やしていくことが近道だと思っています。

外国の要人達からも「忍者って何だかよくわからない」と聞かれることが多く、私たちは最初に忍者の歴史や起源や文化を整理した冊子のガイドブックを作りました。これは違うんじゃないかと思う部分もあるかもしれませんが、ぜひこれをみんなで練り上げていきたいのです。日本忍者協議会のホームページにも「忍者とは何か」という定義を記載しています。これを共通認識としてみなさんにも理解いただきたいです。忍者の定義は様々なので「自分は違う」と思えば叩いていって欲しい。あくまでたたき台を用意した認識ですので、みなさんで議論して1つの忍者のて定義を作り上げていきたいと考えています。

そして大事なことは情報を共有をしていって協力をしていくことです。今日は三重や大阪、愛知などの近畿地方が中心ですが、北は北海道から南は鹿児島まで忍者の文化は全国にあると思うのです。忍者は海外でも大人気ですが、我々が政府からの要請を受けて海外に忍者を提供する時も、ぜひ情報を共有して一緒に世界を目指したい。アニメや映画などのコンテンツ産業とも連携し、ビジネスでもエンタメでも忍者を通じたプラットフォームになれればと考えています。

そのためには忍者が好きな人たちの和が必要で、早くこのような場を持ちたいと考えていました。忍者を盛り上げるために、こんなことしたらいいのではないか、こんなやり方があるのではないか、あるいは我々にこんなことをしてほしい、などの要望があれば忌憚無くお話いただきたいと思っています。

忍者ブランドをどう扱うべきか

51

シーン・・・

辺りは鎮まり返り、誰もが下を向いています。

Ninjack編集忍

やはりこんな大人数の中で発言をすることはみんな難しいのではないか…。このまま議論が活発に交わされることはなく、これまでどおり忍者たちはバラバラに動いていってしまうのか…。

とある伊賀の会議室の中に漂った静寂が、この先の展開を不安にさせます。

その時・・・

よろしいですか?

と静寂を切り裂く鎖鎌のような男の声がしました。

その男の方を向いてみると・・・

52

ブ ロ ン ド だ。

これは間違い無くブロンドヘアーの忍者・ドラゴンジョーさんである。

忍者界でも屈指の斜め上を行く男、ドラゴンジョーはやはりここでもフロンティアだったのです。

53

ドラゴンジョー 「広める」の観点から、忍者がテレビやメディアに出る場合、報道系であればともかくバラエティ系の番組では忍者の本当の部分を伝えるのではなくて、面白くなるように伝えられてしまって、その壁をなかなか突破できないように感じています。テレビメディアに対しても、本当の忍者を伝えられるような働きかけをしていけるとよいのではないでしょうか。

55

立石 私はテレビ番組のプロデューサーをやっておりまして、テレビというのは視聴率のみを追いかける一過性で終わってしまう性質があります。限られた尺の中で、編集で美味しいところだけを瞬間的に抜いていくのですが、忍者はどうしても面白さだったり奇抜さに走ってしまうんです。一生懸命やっている忍者の方々がそのように扱われてしまうにはそんな前提があります。ただ、取材の依頼があったときに忍者の格好良さを取り上げていくように主張することはできるのではないでしょうか。このまま行くと変な風に使われそうだな、と思ったら無茶な要求があっても断っていただいて良いのかなと思っています。個人的にも川上先生がそのような演出に使われるようであれば絶対取材して欲しくないですしね。

54

溝畑 忍者のブランド化を考えたときに、忍者の正しい歴史と文化は伝えていかなくてはならないと思っています。我々が発信する忍者はこうですよ、と共通の理解は持っておきたいですね。「なぜ今忍者なのか?」という点では、日本人が忘れている義理・人情・礼節などの精神面も多様に持っている点には着目しておくべきではあります。

ただ、その忍者のイメージを他人に押し付けるようなことはせず、それは各人が思う忍者を尊重すればよいのではないでしょうか。ビジネスとなってくると、相手の要求に合わせることは仕方のないことなんですね。あまりガチガチにやってしまうと広まらなくなってしまいます。縛りすぎるのはあまり良くないと思いますよ。

 全国でイベントを開いて欲しい

57

次に口を開いたのは伊賀之忍砦の黒影さんだ。

黒影 これは要望でもあるのですが、伊賀ではNINJAフェスタなどのイベントを行っています。今も伊賀でミーティングをしていますが、伊賀だけではなく、九州や小田原などで会議やイベントを協議会主催で開いていただいて、そういうところに呼んでいただくということはできないのでしょうか?

 溝畑 実は今日は、そのような我々に対する要望をお聞きしたいと思っておりました。熊本の地震の時に忍者全員で集結して行くのもありじゃないか、なども話していました。全国各地でイベントなどを定期的に開催し、忍者のネットワークを広げていくのもいいですね。

黒影 私はもう24年間忍者をやっていますが、昔は忍者も結構流行っていました。今は伊賀に住んでいて、過去は甲賀にも住んでいたのでいろんな活動を通して伊賀や甲賀の忍者の魅力を発信したいと生きてきました。協議会さんのような団体ができて情報の発信もよいとは思うものの、地方創生の流れでお金も下りていると思いますが僕らは何も恩恵を受けていないのではないかと感じてしまっています。各地でイベントを行って呼んでいただければ、僕らがこれまで培ってきたことで忍者の魅力を発信することもできるし、ネットワークも広げることができますので、ぜひそのようなことも検討いただきたいなと思います。

 溝畑 貴重なご意見ありがとうございます。そのような要望も聞いて、来年度の事業をこれから3ヶ月で作っていきますので検討させていただきます。

忍者を夢のある職業に

黒影さんの一言から、話のテーマは「日本忍者協議会に求めるものは何か」に切り替わりました。

そこで潔く発言されたのはジャカジャカ忍者さん。

58

ジャカジャカ忍者 私はずっと子供達に忍者を教えてきているのですが、忍者は現代において何か目標になるものがありません。例えば空手であれば頑張って練習すれば大会での優勝などの目標があります。忍者になったらこういうお仕事がありますという雇用があれば、忍者になろうと思う子供達ももっと増えるはずです。そうなると周りが忍者として教育してくれると思うのです。忍者を目標とする場みたいなものを忍者協議会さんで用意していただけるとよいのかなと思います。伊賀も手裏剣大会をやっていますが、そのような機会が頻繁にあると盛り上がるでしょう。

溝畑 目標は確かに大事ですね。いやね、川上先生とかすごいなと思ってたんですよ。60歳を越えてから若い嫁さんをもらって、髪の毛もふさふさじゃないですか。僕なんかこんなんですよ(笑)。

59

溝畑 そんな川上先生みたいなレジェンドは目標にしたいですよね。例えばなのですが、忍者のライセンスを川上先生が与えるなんてのはどうでしょう?

川上 私のところにも入門希望者はよく来ます。でもご飯が食べれないからやる意味ないですよ、とよく言うんです。「そんなのもったいない!」とも言われますが、この世の中、本当に昔の忍術をそのまま学ぶだけではご飯は食べられないんですよね。ただ全体は難しくても、部分においては現代にも役立つことがあるのは確かです。そこだけをピックアップして体系的に学べる機会は作りたいんですよ。

溝畑 今の子供達は僕らの昔の頃と違い、あまり動かないので体が弱いんです。その意味では教育やエクササイズなどでいろんなところに忍者を入れ込んで行くべきだと思うのです。ラグビーの五郎丸も忍者トレーニングという形で体を鍛えていたみたいですから。普通の仕事をやらなくてもみなさんが食っていけるようになれるといいですよね。
こういう話が普段からネットでガンガン言い合えて、それを発信できるようなウェブサイトを作りたいんですよ。日本忍者協議会のホームページを見てもらっていろいろご意見をいただきたいです。みなさんの使いやすいように変えていきたいと思っています。そのようなご意見、大変勉強になりました。

忍者検定を盛り上げよう

60

続いて口を開いたのは河内忍軍・蒼影さん。

蒼影 甲賀では甲賀忍者検定を行っていますが、現状は甲賀のみです。全国に共通する忍者の検定を作って、全国何カ所で行うことによって忍者の文化を広められるのではないでしょうか。それは体術だけでなく、歴史的に学んでいただくことからも学問の観点から広められるとよいのではないかと思います。それも1つのコンテンツになりますし、先ほどの話ではないですが上忍や下忍などのランクをつけることにより、目標もできますよね。そうするとみなさんも興味が湧いてくるんじゃないでしょうか。

溝畑 忍者検定はやるべきですね。徐々にスキルも上がっていきますしね。そして川上先生にお聞きしたいのですが、柔道の段位のように忍者にも級や段位を作ることはできませんかね?

61

川上 私はずっと前からそのようなことをやりたいと提案をしていました。何らかの形の忍術を体系立てて、偽物じゃないもので構成されたスキルを伝えていける仕組みを作って、公的な機関が認定する形をとりたいです。日本忍者協議会が公的機関になるのであればそれでもよいですが。可能でしょうね。
でも価値がないとダメなんです。海外でも忍者道場はたくさんありますが、それが本当かどうかはわからない。もし私たちがやるのであれば、オフィシャルで確固たるものとしてやらねばなりません。

蒼影 例えば日本忍者協議会の会員でないと受けられないとか、池田先生の忍者の教科書をしっかり理解していないと解けない問題であるとか、興味がない人は受からないようにするやり方はいくらでもあると思います。

溝畑 じゃあこれはやります!!!みなさんの意見を聞きたいのでプロジェクトチームを作ってどうやっていくかを検討していきましょう。川上先生ぜひお願いします。

川上 世の中には忍術においても◯◯流という流儀がいくつかありますが、連名で作るとそれは本物なのかと意見されることもあるにはあるんですよ。特に忍術なんて批判の格好の的になります。ただ忍術というのは今はほとんどないわけで、わけのわからないものが忍術としてはびこっていくようでしたら、ちゃんとしたものを批判や批評は受けながらも作っていく必要があると最近特に感じます。だから・・・やりましょう!

忍者のワールドカップ

62

溝畑 こんなことできないかな、と思うことがあるんですが、忍者は世界に広まっていますから、サッカーとか野球のように忍者のワールドカップのようなものはできないですかね。手裏剣打ちの精度を競うようなものとか。

川上 それだとスパイやゲリラの選手権みたいになってしまって世間と相容れないものになってしまうのではないかと(笑)

溝畑 忍者ファッションショーなんてどうですか?

川上 非難轟々かもわかりませんね(笑)

ここで立ち上がったのは、あのNINJA DOJO and STOREの市川伊蔵氏だ!

63

伊蔵 海外の方の忍者に対するイメージについて話させてください。スーパーマンを思い浮かべていただいて「スーパーマンって好きですか?」って聞かれたら嫌いじゃないですよね。「かっこいいですか?」って聞かれたらまあかっこいいですよね。海外の方は確かに忍者が好きではあるのですが、それくらいのレベルの方が大半なんです。じゃあ「忍者って何者か?」と聞いてもほとんどの人が答えられません。侍と忍者の違いもほとんどわかっていないです。伊賀についても甲賀についても全く知りません。まずはそこを知ってもらうことなのではないかと思います。
せっかくインバウンドの方が多くいらしてますし、全国各地にたくさんの忍者がいるので、実際に行ってもらわないとビジネスにもなりません。まず忍者ゆかりの地があるということ、そして正しい忍者像、歴史、技術、文化を知ってもらうこと、そこからがスタートなのではないでしょうか。できればそういうことを含めて協議会さんにやって欲しいです。

溝畑 忍者の日でも100団体ほど紹介していますし、今後忍者協議会のページでも多くの忍者スポットは紹介していきたいと思っています。どこに行ったらいいのかがわかるように、冊子もそのために作りました。情報サイトで一元化されたようなものを作り上げていきたいですね。

伊蔵 ネットでの情報発信も重要だと思いますが、できれば先ほどから言っているようなイベントを考えるのであれば、手裏剣大会は既に開催されているのでそれを世界選手権に広めるというのもアリだと思います。その他世界忍者サミットを開催して忍者ゆかりの地を転々と開催していくと、キャッチーさもありますし、その地を紹介する効果もありますよね。例えば忍者のオリンピックをやるのであればそれも同様な効果もあると思います。

溝畑 なるほど。ぜひ企画運営の方に携わってください!

64

伊蔵 いやいや(笑)。私個人としては忍者の学校を作りたいんです。日本人だけじゃなくて世界の人たちも対象に、忍者の技術や知識を現代に活かせるようにしたいです。日本の学校でも教えないことっていっぱいあるじゃないですか。生きていく力というのは教えていないですよね。忍者の平和の術、生き抜く術は、今の世にこそ必要だと思いますし、忍者の学校で教えていきたいですね。

溝畑 素晴らしい!

忍者の歴史に根ざした観光ルート

最後に意見を述べたのは伊賀忍者研究会代表・池田先生である。

65

池田 市川さんがおっしゃってたことをどうやったら融合できるか考えた時に、ひとつのキーワードは神君伊賀越えだと思うんです。忍者が服部半蔵の力を借りて明智から逃げたルートのことですが、それは大阪からスタートして京都・滋賀・三重を経て愛知に行く。全部ここにいる忍者の人たちの県を通過しているんですよね。伊賀越えをもっとアピールすることで、半蔵をはじめとした忍者のアピールとそのルートにある忍者ゆかりの地を知っていただくことができます。
他に重要なキーワードは教室と修行です。忍者は飛んだり跳ねたりするだけじゃない。教室では様々な知識を学んだりできますし、伊賀には忍者岳、滋賀には飯道山など修行の地がたくさんあるんです。本当の修行や知識を得ることが大事だと思いますので、そういったことも率先的にやっていただきたいと思います。

溝畑 観光ルートをどう作るかというのは確かに課題でした。今の伊賀越えのルートはストーリー性もありますので旅行会社に行って早速作りましょう。

日本忍者協議会の宿題

67

立石 盛り上がってきたところですがお時間となってしまいました。最後に宿題をいただいた事項として以下の点と認識しております。

 子供達が夢を持って楽しめる目的を作ること
 忍者検定などの忍者の知識を伝えるシステムを作ること
 忍者道場を立ち上げ段位を授与する施設と仕組みを作ること
 イベントを全国展開をして回していくようにすること

実現に向けてみなさんのご意見も伺いながら、今後もぜひ密に連携していければと思いますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

溝畑 上記の4つのテーマについて興味があって意見を言いたいところがあれば、ぜひ日本忍者協議会の事務局の一員となったつもりで、一緒に運営していきましょう。どうぞよろしくお願いいたします。

こうして第1回「忍者ミーティング in伊賀」は白熱の議論の末に終了したのでした。

今後の動きに期待!

66

結成から1年が立ってだんだんと歩みよりが見えてきた忍者界。

アイデアは今までにも聞いたことがあるものでおそらく誰もが思いつくようなことだと思います。

大事なのはこれらを本当に実現できるかどうか

浸透させるのはなかなかに至難の技だと思いますが、やってやれないことはないですね。

そのためには忍者界の結束が大変重要になってきます。

上記のような世界が実現できたら忍者にとってどんなによいかわかりませんね!

引き続きこれらの動きについてウォッチしていきたいと思います。

Return Top