Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

【Nin-Foreign】新種のサメに「ニンジャカラスザメ」と名付けたアメリカの子供たちが愛くるしい

【Nin-Foreign】新種のサメに「ニンジャカラスザメ」と名付けたアメリカの子供たちが愛くるしい




新種のサメを発見したヴァスケスさん

2010年にサメ研究者のヴィッキー・ヴァスケスさんが発見した全身真っ黒なサメが、新種だという事で世間を騒がせています。

このサメは動物の分類としては「ツノザメ科」の「カラスザメ属」に入ることになるのですが、これまでにカラスザメ属に紐づく34種のいずれにも該当しなかったことが判明し、新種であることがわかりました。

新種の発見ということになれば、発見者のヴァスケスさんはその種の名前を決めなくてはなりません。

ヴァスケスさんはその種の名前として、映画「ジョーズ」の原作者の名前をつけました。

よっぽどジョーズが好きだったんでしょうね。

ヴァスケスさんがつけた種名は「Etmopterus benchleyi」。

これは「学名」と呼ばれるもので、動物の分類において世界共通でその種を特定する名前のことを言います。

「イリオモテヤマネコ」もその学名は「Prionailurus bengalensis iriomotensis」。

「イリオモテヤマネコ」は和名といい、英語の「iriomote cat」は英名といいます。

呼びやすいようにつけるフレンドリーな名前が、和名だったり英名なんですね。

ちなみにどんなサメ好きのおっちゃんなのかな…と思っていたら、ヴァスケスさんは美人な女性でした!

P1010019-300x225Photo by:PACIFIC SHARK RESEARCH CENTER

名付け親は8歳〜14歳の子どもたち

このEtmopterus benchleyiの英名ってやつもつけなくてはならないヴァスケスさん。

8歳になる親戚の子どもたちに新種のサメの写真を見せて、意見を聞きました。

zenshin

ほら、この写真をみてごらん。 このサメはね、真っ暗な深海でも本当にうす〜い光を発する仕組みを皮膚の中に持っているの。 この身体から発する光は、深海に届くわずかな光と調和して、自分より深いところにいる者からは見えなくなる性質があるのよ。 だからこのサメは、体を神秘的に光らせてこっそりと小魚やエビにこっそりと近づいて食べちゃうのはもちろんだし、自分を捕食しようとする敵からも見えないようになるのよ。このサメ、どんな名前がいいかしら?Hokai Magazine

なんともNINJA的なステルスな機能でしょう!!

質問を受けた子どもたちは、一斉にこう答えました。

Super Ninja Shark がいい!

ヴァスケスさんはさすがに「うーん…そのままだと同僚にもOKもらえないわ」と思い、子供たちの提案をちょっとだけいじって

Ninja lanternsharks

という名前に英名を決定したのでした。

これにより、和名もニンジャカラスザメとして決まり、脚光を浴びているのです。

※なお、艦これに出てくる「駆逐艦イ級」とめっちゃ似ているらしいです。

本当は「Super Ninja Shark」にしたかった…!

こうしてニンジャカラスザメが誕生したわけですが、注目すべきはこの名付け親の子どもたち。

この鮫に出会ってから、テンション上がりまくりだったことでしょう。

敵から見つからずに深海を徘徊する不気味な影。

全身真っ黒なフォルム。

手裏剣のような非常に鋭い牙。

そして背後から忍び寄り捕食する術。

こんなの聞いたら「SUPER NINJA SHARK」って付けたくなりますよね。

テンション高く叫んだ子供たちを思い浮かべると微笑ましくなってくるのはNinjackだけでしょうか…?

事前に相談してくれたら援護射撃したものを…

大人の都合でNinja lanternsharksになっちゃいましたが、直訳したら「忍者ちょうちんザメ」ですからね。

ダサいですよね。

アメリカの男性は大人になっても基本的に中二病のような人が多い、と聞きます。

もし発見が男性だったら、英名は「Super Ninja Shark」になってたかもしれません。

そしてSuper Ninja Sharkをベースにしたヒーローが生まれても不思議ではありません。

亀ですらNinjaになれるんですから。

TMNT-Silhouette-Teenage-Mutant-font-b-Ninja-b-font-font-b-Turtles-b-font-font-b

今も太平洋の深海のどこかで、Super Ninja Shark は忍んでいることでしょう。

天敵に見つからず、無事に任務を果たすことを祈ります。

関連リンク

 研究レポート(英語)
 
PACIFIC SHARK RESEARCH CENTER(英語)
 
Hokai Magazine (英語)

Return Top