Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

【Nin-Repo】TOKYO NINJA COLLECTION 2016(ニンコレ)が想像の1000%くらい斜め上だった(3/3)

【Nin-Repo】TOKYO NINJA COLLECTION 2016(ニンコレ)が想像の1000%くらい斜め上だった(3/3)

東京は浅草EKIMISEで行われた忍者×ファッションショー「TOKYO NINJA COLLECTION 2016」の潜入レポート最終回(全3回連載)。通称「ニンコレ」の麗しきくノ一達の美貌をひとしきり網膜に焼き付けたあとは、問題の「モダン忍者の部」の封切りにございます…。

▼第1弾と第2弾はこちら

禁断の「モダン忍者の部」!

現代。

それは忍びにとってとても忍びづらい時代

最近流行りの「忍びなれども忍ばない」のは、「忍びたくとも忍べない」ことから来る開き直りなのではと思うほど忍びづらい世の中になりました。

そんな難解でかつ遙かなるテーマに真正面から立ち向かったのがこの「モダン忍者の部」です。

こむしーにより、その禁断の幕が切って落とされます。

こむしー

次がいよいよ最後の部となりました。第4部は「モダン忍者の部」!現代のカルチャーを取り入れながらも、しっかりと忍者として抑えるべきところは抑える。これぞ現代の忍びが持つべき精神「忍びなれども忍ばない!」現代に迎合する素敵な装束や、ド派手なパフォーマンスは、見るものを金縛りにさせる忍術そのもの!目をかっぴらいて見て、耳をかっぽじって聞いて、全身全霊でモダンな忍者をお楽しみください!

要するに「五感で楽しめ!」との指定がありましたので、Ninjack編集忍の心のつぶやきも織り交ぜながらお送りいたします!

現代プロレスと忍者の融合「まつり」

こむしー

武蔵一族芸能忍組頭、まつり!武蔵一門のアストアクション所属の女優でもあるくのいちだ!

musashi_160220_0622 copy

Ninjack編集忍

綺麗だけど普通のくノ一っぽいなぁ。どこがモダンなんだろう?

って思ってたら…

musashi_160220_0623 copy

ランウェイをウォーキングじゃなくてスライディング!

ファッションショーだと思ってたのに、破天荒すぎます。

こむしー

このまつり、最近はプロレス界にも参戦中!!

Ninjack編集忍

プ…プロレス!?

musashi_160220_0637 copy

こむしー

彼女が身につけている自作の折り紙手裏剣ピアスは、あの手裏剣戦隊ニンニンジャーの映画にも出演しているぞ!

ニンニンジャーの映画にアクセサリー提供とかすごい!

とか感心しているのもつかの間、背後に強面忍者が現れました。

musashi_160220_0638 copy

こむしー

おっと!ここで現れたのはくノ一を見つけたら誰彼構わず襲いかかる「無差別通り魔忍者」だ!

ここからまつりさんの破壊力抜群のプロレス技の応酬がはじまります。

musashi_160220_0641 copy

musashi_160220_0643 copy

musashi_160220_0645

もうランウェイがバキバキと音を立てて、リングと化してしまってました。

こんなファッションショー見たことがない・・・。

musashi_160220_0626 copy

こんな音をバシバシと立てて激しく動き回り、プロレス技を繰り広げるくノ一。

まったく忍ぶ気配などございません

Ninjack編集忍

確かにくノ一の部で出るべき忍者ではなく、まさに「モダンな忍者」だぜ…。

妙な納得感を感じたのでした。

現代グローバリズムに乗る刺客「影虎」

こむしー

続いてはフランスからやってきた海外の忍者「影虎!」

musashi_160220_0818 copy

Ninjack編集忍

海外の忍者もいるんか!

musashi_160220_0824 copy

そのクールな眼とは裏腹に、和な衣装をしっかりと着こなしてクナイを振るう影虎さん。

musashi_160220_0839 copy

今は外国の方だって忍び装束を着て背中で語る時代なんです。

現代の角界と忍界コラボ「横綱さくらやま」

こむしー

ひがしがた〜横綱〜さくらやま〜土俵入りでありま〜〜〜す!

musashi_160220_0768 copy

Ninjack編集忍

????

すみません、一体何が起こっているのか、これから何がおこるのかがよくわかりません。

musashi_160220_0773 copy

こむしー

横綱:さくらやま、露払い:相模、太刀持ち:ぶどう刀忍、立て行司は柴田朱雀であります。

どうやら忍者が相撲パフォーマンスをやるようです。

musashi_160220_0780 copy

Ninjack編集忍

かなりサマになってる…!ってかきつね面の人たちなんやねん!

musashi_160220_0782 copy

Ninjack編集忍

ってか後ろの中央にいるの頭首だよね!?武蔵一族の忍びの血を引いた頭首だよね?何してますのん!

この相撲パフォーマンスは、カオスの一言でも片付けられない時間でありました。

もし自分のポケットに密書が入っていたら、こうしてポカーンとしている隙に仲間が自分の背後に回って密書を盗みとっても気づかなかったでしょう。

これが現代の忍術というやつなのでしょうか。

してやられましたな…。

教室では忍びの力を持て余す現代女子高生「美月」

こむしー

またも登場するのは女子高生くノ一飛燕之美月と日向國鐵佐!

musashi_160220_0847 copy

Ninjack編集忍

さっきと衣装は変わらないみたいだけど…

でも僧忍が手に何か持っています。

美月ちゃんは見た目おしとやかな感じですから、きっとどちらかというと飛び道具とかが得意なんでしょう。

教室の窓際の机で本とか読んでいる光景が似合いそうです。

しかし、その期待は見事に裏切られ、おどろくべき光景が待っていました。

musashi_160220_0850 copy

ぶっとい板をグーパンで真っ二つに!

musashi_160220_0851 copy

回し蹴りで2枚目をかち割り!!

Ninjack編集忍

きっと普段は教室で忍んでいるのに実はめっちゃ強いとは…これぞ「現代の女子高生忍者」やで…

妄想だけでこんな適当なことを書いて、記事を読んだ美月ちゃんに次会った時に回し蹴りされないか心配です。

現代のチャラ忍「柳水」と謎の女

こむしー

さぁ、お次は武蔵一族イチのナルシスト・柳水だぁ!

musashi_160220_0790 copy

こむしー

見た目はチャラいが足元はチャラくない!!これは忍者が修業でも使っている高下駄だぁ!!一見簡単そうに見えるがバランスを取るのがかなり難しい!忍者のファッションは修業が大切なのだ。

見た目は普通にチャラいと思わせながらも、実は修行も兼ねて足元はしっかりと一本下駄でバランスをとるとか。

まさに現代風の忍びですね〜

musashi_160220_0794 copy

おや?後ろから誰か出てきましたよ。

musashi_160220_0802 copy

茶髪のゴージャスくノ一だ!
musashi_160220_0806 copy

こむしー

実はこのくノ一、男性が変装しています。でもチャラ忍者はチャラいからそれに気づかない!出番が終わったはずなのに帰らずに見とれて残ってしまっている!

musashi_160220_0811 copy

こむしー

チャラ忍、ナンパしたー!

musashi_160220_0813 copy

こむしー

このくノ一、男性ですけどチャラ忍者さんは大丈夫なのでしょうか?

musashi_160220_0814 copy

こうして股間を扇で思いっきり叩かれたチャラ忍者さん。

このべたべたの三文芝居感、嫌いじゃありません!

現代のヘビメタ系忍者「RIKIYA」

こむしー

続いてはヘビメタ系忍者・力也!

musashi_160220_0666 copy

こむしー

新宿歌舞伎町・夜のヴィジュアル系忍。途中おまわりさんに止められながらも、今日は切れ味抜群の刀を持ってきました。この刀はタンスの奥から引っ張り出してきたようです。

musashi_160220_0677 copy

Ninjack編集忍

確かに格好はすげーヘビメタ系!こんな忍者ファッションもありやなー

とちょっと感心してたら、急にBGMがハードロック調に変わり・・・

musashi_160220_0702 copy

なんか刀をギターに見立てて、エアギターが始まりました。

musashi_160220_0719 copy

それまでクールに決めてたのに、めちゃめちゃ激しい動きをするRIKIYAさんに観客は唖然としています

さすが歌舞伎町に忍べる男、夜の街から下町浅草に連れてきてはいけなかったのでしょうか。

musashi_160220_0726 copy

めっちゃ自分の世界に入っています。

でもだんだんと癖になってきます。

椎名林檎が「歌舞伎町の女王」なら、RIKIYAさんは「歌舞伎町の忍者」でCDを出していただきたいところです。

なお、刀をギターに見立てると危ないので、これを読んでいるおともだちは全体にマネしないでね!

現代ボクシングを使う隠れ身の術師「ムービースター竜平」

こむしー

ボクシング忍「ムービースター竜平」!

musashi_160220_0732 copy

Ninjack編集忍

ファッ・・!?

なんかずっとシャドーボクシングをしながらシュッシュッと言っています。

そしてなんと言ってもこの薔薇たちはなんなんでしょう

こむしー

今回の装束は真っ赤な装束!なんと薔薇にも擬態できるので薔薇畑では隠れられます!

・・・なぜ薔薇を選んだんだ!

「薔薇」×「ボクシング」=「忍者」の方程式の理解が全く追いつかないまま、竜平さんが近寄ってきます。

musashi_160220_0737 copy

Ninjack編集忍

あ、薔薇1個落ちた

musashi_160220_0738 copy

Ninjack編集忍

あ、もう1個落ちた

musashi_160220_0755 copy

Ninjack編集忍

薔薇がどんどん落ちてく!

すいません、シャドーボクシングの動きとともに落ちていく薔薇が気になってMCをちゃんと聞けませんでした。

その意味では、実はまったく違うところに気をひきつけさせた忍術だったのではないかと思うと、この竜平さんはかなりできる忍者ですね!

現代の人気SF映画に出てきそうな忍者「とみ丸」

こむしー

続きましては武蔵一族連絡忍・IT系忍者のとみ丸!

musashi_160220_0852 copy

こむしー

大人気映画スターウォーズの衣装は、もともと着物がモチーフのひとつですが、今回のエピソード7の悪役は鉢金のようなデザインなど、かなり忍者がモチーフに入っているように思えます。ニンコレに合わせてスターウォーズ風で参戦だ!

musashi_160220_0857 copy

何よりも生かしているのがこの忍者刀風ライトセーバー

の部分が忍者刀のようになっていて、かつ、までついている!

musashi_160220_0863 copy

これめっちゃ欲しい!

武蔵まつりのときのiPad掛け軸もそうでしたが、いつも憧れのデジタル忍具を作るTech忍者には脱帽です!

現代に使える変装術「小しころ」

こむしー

そして連絡忍・中忍の小しころ!

musashi_160220_0647 copy

Ninjack編集忍

いやいやタダの私服じゃん!

ひととおりファッションをお見せした後、バックへ戻ろうとすると誰かがくる気配を察知したしころさん。

おもむろにスカートを脱ぎ始めました!

musashi_160220_0650 copy

スカートを裏返して、そのスカートを被ると・・・

musashi_160220_0654 copy

Ninjack編集忍

すごい!完全にゴミ袋!

musashi_160220_0656 copy

またあの無差別にくのいちを襲う忍者が現れました。

musashi_160220_0660 copy

どうやらくノ一を探している様子。

その隙にゴミ袋変装の術を解くくノ一がひとり!

musashi_160220_0661 copy

背後から襲われたらひとたまりもありませんね!

一般人に変装し、時にはゴミ袋にまで変装して敵を欺く現代の忍び。

この変装術には感嘆の声を漏らすしかありませんでしたね。

現代のサラリーマンこそ忍者「チョロ助一家」

こむしー

いよいよ最後の忍びとなりました。武蔵一族の風紀委員・チョロ助!

musashi_160220_0867 copy

Ninjack編集忍

えっ…ただのサラリーマン!?

一瞬でも「洋服の青山」のファッションショーかと思った自分もみなさまもまだまだです。

こむしー

彼が財布につけているウォレットチェーン

musashi_160220_0873 copymusashi_160220_0878 copy

こむしー

鎖分銅として護身用の武器にも使えます!

チョロ助さん、このウォレットチェーンの扱いがすごい手馴れていました。

見た目はただの花粉症のサラリーマンですが、その正体はかなり修行をした忍者なのかもしれません。

musashi_160220_0890 copy

こむしー

震災時に備えて持っているペンライトは、暗いところに潜入する時にも役立ちます!

musashi_160220_0899 copy

こむしー

そして飲み会が終わったあとに革靴をはくために携帯しているミニ靴べらは、苦無の代わりに使うこともできます!

勘の良い人は気づいたかもしれませんが、彼が持つのは忍者が任務の時に持って必ず携帯したとされる「忍び六具」に近いものがあるのです。

忍び六具についてはまた紹介しますが、現代の忍びが持つべきアイテムをたくさん携帯しているのがチョロ助さんです。

こむしー

おや?なんだか怪しい人が出てきたぞ?なんとチョロ助、名刺入れを取り出した!

musashi_160220_0905 copy

こむしー

ご挨拶しようとしたら怪しい人が突然襲いかかってきたぞ!チョロ助、名刺を手裏剣代わりにして応戦している!

musashi_160220_0907 copy

こむしー

そしてネクタイを使って相手の傘による攻撃をいなしているぞ!

musashi_160220_0913 copy

ここまですごい早業です。

チョロ助さんは、不審者をネクタイで捕えようとしましたが・・・

musashi_160220_0918 copy

逆に背負い投げを食らってしまいました!

ピンチのチョロ助さん、非常時用のホイッスルをつかって助けを呼びます。
musashi_160220_0920 copy

そこに助っ人として駆けつけたのは、前回くノ一の部の大トリを務めたスズメちゃん!

musashi_160220_0921 copy

あの不審者を倒すように命じられ、一心不乱に突っ込みます!

musashi_160220_0922 copy

こむしー

しかしスズメちゃん、おやつをもらったら不審者側に裏切ってしまった〜!チョロ助大ピンチ!

なんと裏切ってしまったスズメちゃん!

これにたまらずチョロ助は敗走してしまいました。

musashi_160220_0926 copy

musashi_160220_0930 copy

取り残されたネクタイ名刺手裏剣たちがなんとなく切なさを物語っています。

現代の忍者にとって大切なことを教えてくれた「ニンコレ」

musashi_160220_0956 copy

こうして幕を閉じた「TOKYO NINJA COLLECTION 2016」。

単純な忍者装束と武器を披露するくらいだと思っていたのですが、とんでもありませんでした。

想像の1000%斜め上をいってましたね。

このニンコレの何がすごかったかというと、
・古き良き日本の「忍者」
・幻想的な現代の「NINJA」
をとてもバランスよく織り交ぜて、だれでも楽しめるような構成が綿密に練られていたことだと思います。

だいたい忍者をアピールしようとテーマを考える際、忍者で行くかNINJAで行くか悩むもんなのです。

Ninjackは「NINJA」の表面を醸し出しながらも、実は忍者の本質を伝えられるような記事を常に意識しているのですが、まさにそれをリアルイベントで「忍者」「NINJA」をどちらもうまく取り入れたのがこのニンコレじゃないでしょうか。

特に編集忍としては、モダン忍者の部の小しころさんとチョロ助一家のステージに現代の「忍術」の一端を見たような気がします。

古くから伝わる先人の忍び「先忍」たちの教えの本質を理解して、それを現代という時代に合わせて使うにはどうしたらいいのかを教えてくれた気がするのです。

手裏剣とかを使った昔ながらの忍者の演武やパフォーマンスは見ていて楽しいですが、今の時代は忍者だってすぐバレます。

奇想天外に消えたり火を放ったりするNINJAのパフォーマンスや創作も痛快ですが、やはり忍ぶ者の本質ではありません。

まさにモダン忍者の部で見せてくれた、以下に上げる要素が今の時代を生きる忍びが学ぶべき「忍術」なんだと思います。

・見た目から誰にも忍者とは悟られない。
・ある目的を達成するための忍具を、体のどこかに忍ばせている。
・その忍具は現代人が持っていても怪しまれないモノである。

・いざという時に忍ばせた忍具を臨機応変に使うことができる。

でもそればかりを説明したとしても楽しくないですし、人は「忍者」や「NINJA」を期待していますから、
・めっちゃ長い刀を扱って過去にいた忍者をイメージさせてみたり
・綺麗なくノ一をたくさん出して目の保養にしてみたり
・薔薇をポトポト落として突っ込みどころを満載にしてみたり
とちゃんと期待に答えられる構成で、みんなが楽しめる内容になっていた気がいたします。

これからもこんな楽しい「忍者 × ●●」のイベントでいろんな人が忍者に触れられるといいですね!

関連リンク

 江戸隠密 武蔵一族 本陣

EXPOSE ON FACEBOOK

【Nin-Semi】甲賀忍者検定向け解説集!

【Nin-Semi】みんなの忍者イメージはどこから来たの?忍者文学研究最前線!

【Nin-Semi】みんなの忍者イメージはどこから来たの?忍者文学研究最前線!

目録 - MOKUROKU -忍者イメージ研究の最前線!「忍者文学研究」「忍びの者」と「忍者」は違う!近世忍者像の典型①:忍び込んでモノを盗む伽婢子に出てくる加藤段蔵が典型?忍者が黒装束になったのはなぜ?手裏剣のイメージはどこから?近世忍者像の典型②:忍術(妖術)を使ってお家や天下転覆を図る近世忍者像の典型③:「忍び」らしい忍者吉丸先生にプチNin-terv...
Return Top