長野県も本気! 補正予算案で"忍者事業"に864万円計上

戸隠や真田十勇士を擁する「長野県」が忍者に本気! 16日、長野県は平成27年度補正予算案を決定しました。 産経ニュース:長野県9月補正予算案 一般会計総額62億円超 木曽復興に4000万円 もちろん普通の使途もあるのですが、気になるのは以下の記述。

・・・伊賀忍者で知られる三重県など忍者にゆかりのある地方自治体や団体で近く結成する「日本忍者協議会(仮称)」の活動に向けて「忍者を活用した観光誘客推進事業」に864万円などを新規事業として計上した。
長野県、本気ですね! 忍者は対外国人向けの観光誘致やビジネスの題材として、とても効果的なコンテンツ。 いまの世の中、日本人よりも外国の方の方が忍者含め日本文化を知っていたりしますよね。 オリンピックに向けて、今は忍者に追い風が吹いています。 大凧に乗っていれば、きっとこの風が天守閣まで運んでくれることでしょう。 この時代がどんどんと忍者色になっていく雰囲気がぷんぷんします。 ここから一気に忍者界が活気づいていくことを期待したいですね。]]>