Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

【Nin-Repo】江戸隠密の武蔵一族「武蔵まつり」に潜入したら忍者層の厚さにおったまげた

【Nin-Repo】江戸隠密の武蔵一族「武蔵まつり」に潜入したら忍者層の厚さにおったまげた

DSC_0669

江戸隠密集団「武蔵一族」の年末大イベントに潜入!

東京にて活動するガチの忍者集団・江戸隠密武蔵一族

一族の代表・柴田バネッサ朱雀様は、江戸隠密の子孫として現代にも隠密の精神や技術を伝えようと精力的に活動されています。

インタビュー記事によると、武蔵一族は、武芸忍・芸能忍・連絡忍の分業体制で活動しているようですが、これらの忍び達は全国津々浦々に散っているらしいです。

一族部門

※こちらの部門構成図は伊賀の影丸に収録される武蔵一族紹介記事を参考にしました。

あるとき、Ninjackは武蔵まつりなる一族の年内最大イベントが催されるという情報を耳にしました。

武蔵まつりとは、日々分業体制で活躍している忍び達を一同に集めて、その年の成果や独自の研究内容などを発表するというもの。

もちろん武蔵一族の構成忍しか参加は許されません。

この武蔵まつりは、いわゆる全国に散った忍び達が収集した情報や活動成果を持ち寄り、皆で共有する「忍者総会」なわけです。

前に小田原で開催された忍者サミットとは違って、観光のためとかではなく、ただただ忍びとしての活動報告がなされるこのイベント、ぜひともその内容を知りたい・・・。

お願いしたところ、Ninjackがこの武蔵まつりに単独潜入することに成功しました!

今回はその全貌をつまびらかにレポートしたいと思います!

続々と集まる武蔵一族の忍び達

千葉県のとある奥地の方へやってきました。

最寄駅からでも車で約30分かかる宿舎。

ここで武蔵まつりは開催されるようです。

会場である体育館に入ると・・・

忍びのもの達がズラリ!!

DSC_0039

Ninjackも数々の忍者団体を見てきましたが、これだけ忍者を抱えている団体は見たことがありません。

武蔵まつり実行委員のコゲラさんにも聞いてみました。

kogera

Ninjack編集忍

武蔵一族はこの人数で全部なのでしょうか?

コゲラ: 武蔵一族の忍びはアクティブで60忍ほどみたいですから、今日でも1/3くらいしか来てませんね。

Ninjack編集忍

ってかコゲラさんってあの「忍者増田」さんですよね?

コゲラ: いや、拙者は武蔵一族のコゲラでござる。準備があるのでこれにてごめん。増田ッシュ!

どうやら勘違いだったようですが、「増田ッシュ!」とか言ってるし絶対忍者増田さんだと思います。

※忍者増田さんについて知らない人はこちらをご覧ください。

今日集まっているのも全員ではなく、まだまだ散っている忍び達がいるのですね。

どうやら兵庫愛知からもいらっしゃていた忍者達がいらっしゃいました。

武蔵一族の忍者ネットワーク…おそるべし!

遂に始まった武蔵まつり!

DSC_0037

実行委員長の綺麗なくノ一お姉さん、恵水さんの司会で武蔵まつり2015が始まりました。

DSC_0026

まずは黙想と礼から。

DSC_0028

さすがガチの忍び道場、礼節極まれりです。

そして代表バネッサ様のご挨拶です。

DSC_0025

朱雀: こんなにも多くの忍びが集まり、本当に嬉しいです。私達武蔵一族には多くの忍びがいますが、分業体制を敷いていたり、全国に散っていることから普段なかなか交流することができない忍び達も多いと思います。今日は皆の衆の日々の活躍や独自の研究内容、演武などを披露してお互いに交流して下さい。楽しみにしています。

こうして今まで世には出てこなかった武蔵一族の忍び達による成果発表に移るのでした。

武芸忍の部

武芸忍達の演武などが披露される模様です。

その演武は江戸幕府の隠密時代から継がれる武術をベースにしたものとのこと。

オラ、ワクワクしてきたぞ!

武芸忍組頭・習志野四六八

DSC_0252

このお方は武芸忍・組頭である習志野四六八さん。

普段は訪日外国人向けの忍者体験や日本人向けの忍術教室も行っている武芸忍の筆頭です。

DSC_0261

いつもは代表の朱雀様が英語に通訳をするのですが、今回は習志野さん自ら英語で説明するというもの。

海外に強い武蔵一族ですが、忍者自体も英語ができるとまた活動の幅が広がりそうですね。

DSC_0271

やはり絵になります!

武蔵一族 四季の森天狗衆

DSC_0158そしてこちらは武蔵一族・四季の森天狗衆の面々。

本拠地とは別の道場にて、大和柔兵衛先生を筆頭に忍術をベースにした武術を教えています。

そしてこの柔兵衛先生はなんと去年の伊賀流手裏剣打大会の覇者なのです!

jubee

まずは山伏の鐵左さんが法螺貝を吹きます。

DSC_0167

そして始まる鐵左さんとその娘千景ちゃんの一輪車流鏑馬

DSC_0177

なんと5本中5本命中でした!

DSC_0180

そして柔兵衛先生とその娘・美月ちゃんの立ち会い。

DSC_0193

DSC_0213

DSC_0229

なかなかに激しい打ち合いを見せていただきました!

このくノ一のお二人はまだ女子高生ですが、なんと今年の伊賀流手裏剣打大会団体戦で準優勝しています!

将来が楽しみですね。

連絡忍通訳隠密・さくら & 武芸忍・如月ピュンピュン丸

DSC_0337

眼帯をした怪しい忍者が如月ピュンピュン丸さん。

真ん中のくノ一がさくらさん。

さくらさんは本当は英語が堪能な通訳忍なのですが、今回は演武でエントリーとのことでした。

DSC_0360

相手の一撃をかわし、瞬時に後ろをとるさくらさんにカメラは追いつけませんでした。

武道が専門ではないのにここまでできるとは、やはり忍びの血は争えないのでしょうか。

DSC_0364

DSC_0370

DSC_0349

如月さんも華麗にかわし、持っていた鎖分銅であっという間に関節を固めて投げ飛ばします。

なかなかダイナミックでした!

芸能忍の部

武蔵一族には武術だけではなく、芸能面で活躍する忍び達も多く抱えています。

忍びは敵を芸で引きつけ、その隙に任務を達成するという芸達者でなくてはならないという思想から、芸能忍の重要性に着目しているようです。

芸能忍音忍衆組頭・松風夢之進

DSC_0314

芸能忍音忍衆組頭の松風夢之進さん。

和太鼓を得意とし、過去に北島三郎の和太鼓演奏も担当したほどの腕前だとか。

武蔵一族の演武ショーにも迫力のあるBGMを提供したり、自らも外人向けショーの忍者を担当したりしています。

DSC_0320

DSC_0310

その迫力は写真では伝えきれませんが、心の臓に響く凄まじい鼓動に魅せられました!

音の魔術師・幽兵

DSC_0476

音の力を知り、音を自在に操る忍び・幽兵さん。

身体のチャクラを刺激する音の周波数を奏でると、なんだかその部位が熱くなってきます。

すごく神秘的でした。

DSC_0507

そしてめちゃめちゃカッコいいバイオリン演奏には正直鳥肌が立ちました。

DSC_0492

この機械を使って、自分で奏でた音を録音していき、どんどん音を重ねていくことで一つの曲を一人で演奏してしまいました。

しかもこれ、全部即興とのこと。

て、、、天才ですか!

日本舞踊の貴公子・柳水

柳水

日本舞踊を華麗に踊る芸能忍・柳水さん。

別の場所で舞を拝見したことがありますが、この方は本当に綺麗な舞を舞われます。

滑らかな動きで人を魅きつけるのですが、今回は東洋医学についての発表をされていました。

DSC_0326

なんか忍たま乱太郎の忍術学園の講義みたいで、この構図だけでお腹いっぱいですね!

DSC_0114

みんなも真剣に聞いています。

DSC_0333

ちなみにiPadでさぼっているのは忍びを束ねる大頭の相模太郎さん。

大頭なので発表はしませんが、ちゃんと聞きましょう(笑)

連絡忍の部

そして他の忍び団体にはない特徴として、武蔵一族には様々な能力を持った連絡忍の存在があります。

特に彼らの知識や研究、忍者の打ち出し方はとても興味深いものでした。

連絡忍組頭・武蔵チョロ助

DSC_0093

完全に名前も格好もふざけている武蔵チョロ助さん。

ですがこのふざけた格好も全て相手を欺くためのもので、実はその正体は連絡忍を束ねる組頭なのです。

今回は諸外国や日本における「投石」についての研究成果を発表していました。

DSC_0090

その内容は・・・すご!のひとことです。

忍者にとって石がどういう意味を持ったのか、とても合理的に説明がなされました。

DSC_0101

内容は教えられませんが、武蔵一族にはこんな裏の者達が潜んでいたのかと少し警戒してしまいますね。

連絡忍中忍・ぶどう刀印

KawasakiのNinjaを乗りこなし、忍者をかっこ良く魅せることに長けているぶどう刀印さん。

budou

 

今回は誰でもかんたんに作れるオリジナル鉢金の作り方を紹介していました。

DSC_0139

確かになかなか自分にあった鉢金ってないんですよね。

DSC_0151

なるほど、そうやって作ればいいんですね!

今度実践してみたいと思います!

Tech Ninja・とみ丸さん

DSC_0442

スターウォーズのシス風な格好で現れた、現役プログラマのとみ丸さん。

なんと超欲しくなってしまうデジタル掛け軸を作ってきました!

DSC_0467

これ、ただの掛け軸じゃありません。

とみ丸さんが指を動かして、何か空中で描くと…

DSC_0462

忍者ハットリくんが読める!!

DSC_0452

そしてまた空を指で何か描くと・・・

DSC_0458

掛け軸に「臨・兵・闘・者・開・陣・列・在・前」のアニメーションと声が!!

これめっちゃ欲しいです!

まだまだいろいろと開発しているとのこと、次回作を楽しみにしています!

連絡忍中忍・謎の男忍者

この人は名前も写真も内容も一切NGの方でしたので詳しくは書けません。

ですがその発表内容は「そ・・・そうなのか・・!」

忍者業界にいるなら知っておきたいことをわかりやすく解説されていました。

きっとこのコトを漏らしたら・・・この男に消されるでしょう。

武蔵一族、怖いところです。。

連絡忍中忍・小しころ

連絡忍の中忍・小しころさん。

DSC_0525Ninjackでも連載中の忍者かるたの制作者としても有名ですね!

小しころさんの凄いところは、マキビシとして撒くための菱をイチから栽培するほどの忍者好き。

DSC_0521

本格指向がハンパじゃなく、菱の育て方、食べ方、愛で方などを紹介し、テレビでも作った菱が紹介されるなどの武勇伝を発表いただきました。

でも小しころさんは気づいてしまいました。

ー まだ私、ヒシ撒いてない!と。

DSC_0529

ということで突然始まったのが「Makilympics」です(笑)

この中で一番忍者らしく、かつ、効果の高い菱の撒き方をした人に景品があたる競技がいきなり開始されたのです。

DSC_0546

この「×」枠の中に入った菱の数と、そのスピード、そして忍者っぽさを評価点として、この世で初めての撒きリンピックスが始まりました。

DSC_0605

小しころ: ヒシについて・・・よーいドン!

このかけ声、またも天才かと思いました(笑)

DSC_0634

なぜかカメラ目線のチョロ助さんです。

こっちみないで真面目にやってください。

DSC_0557

判定も大変厳しいものであります。

入賞者への景品は・・・

IMG_2975

マキビシプロジェクトのイメージキャラクター「ひしみん」のオリジナルTシャツです!

金メダルよりも欲しいシロモノですね!

IMG_2976

結局この四季の森のお父さん達が高得点をたたき出してTシャツを手にしました。

き・・・着るのかな(笑)

IMG_2974

参加賞でもこんな素敵なお菓子をいただきましたよ!

Tシャツもマキビスコも大量生産して製品化して欲しいですね!

番外編:武器商忍

DSC_0012

そして武蔵一族には武器商忍もいます。

その名もかげさん。

今回は息抜き芸として各種忍者武器を紹介していました。

DSC_0377

この「炎返し」、なんと刀を振るとろうそくに火がつくという大技。

DSC_0385

別に刀が燃えているわけじゃないのに、なぜか火が次々についていきます

ここにいた誰もが驚きました。

DSC_0392

種明かしではみんな前のめりになります。

そして新忍器「ガトリング吹矢」です。

DSC_0399

1発しか吹けない吹矢をガトリング砲式にしてしまう驚きの発想です。

DSC_0430

DSC_0433

次々と吹矢が刺さって行きます。

肺活量は相当鍛えないといけないみたいですね!

武蔵まつりを終えて

DSC_0683

各自の発表が終わり、代表の朱雀様より総括がありました。

DSC_0680

朱雀様: 様々なスキルを持った忍び達がいて、これが武蔵一族の強みであることに改めて気がつきました。忍び衆には日々本当に感謝しています。来年まで各々また技能に磨きをかけ、精進していってください。来年も楽しみにしています。

ありがたいお話をしている中、こっち見ている人もいました。

DSC_0687

コゲラさん…いや、忍者増田さん、ちゃんとやってください。

というわけで終わった一族の忍無報告でしたが、この後泊まり、次の日も稽古なのか何なのかはわかりませんが、秘密の任務があるとのこと。

Ninjackはここで退散しますが、今回は選手層の厚さ、いえ、忍者層の厚さにおったまげました。

不安要素

きっと綾南の田岡監督にもこんなことは言わせられないでしょう。

現存する忍者関連の団体はだいたい以下の3つに分かれます。

・忍術をベースにした武術団体
・アクロバットをメインにしたアクション団体
・格好良い衣装でおもてなしするコスプレ団体

武蔵一族で言うとこれらにそれぞれあたるのが上から武芸忍・芸術忍・連絡忍なのかもしれませんが、連絡忍はコスプレにとどまらない忍者関連の研究・開発も進めています。

次々と新しい研究や忍器の開発を連絡忍ができるからこそ、これを武芸忍・芸術忍が取り入れて一つ上のショーや体験などが提供できる。

この各組織が有機的に連携をしていけば、忍者で唯一無二の団体になるでしょう。

しかもベースは戦国忍者ではなく幕末の隠密忍者ですから、他の忍者団体とはまた違った面白さがあります。

実はここでは紹介しきれていない人たちとして、頭目大頭、芸能忍にはアクション女優歌手プロレスラー、連絡忍にも参謀長中部支部長など、まだまだ実は控えている忍者達がうじゃうじゃといるのです。

武蔵一族おそるべし・・・!

興味がある人はぜひ道場の門を叩いてみましょう!

関連リンク

武蔵一族公式HP:江戸隠密武蔵一族 本陣

EXPOSE ON FACEBOOK

【Nin-Semi】甲賀忍者検定向け解説集!

【Nin-Semi】みんなの忍者イメージはどこから来たの?忍者文学研究最前線!

【Nin-Semi】みんなの忍者イメージはどこから来たの?忍者文学研究最前線!

目録 - MOKUROKU -忍者イメージ研究の最前線!「忍者文学研究」「忍びの者」と「忍者」は違う!近世忍者像の典型①:忍び込んでモノを盗む伽婢子に出てくる加藤段蔵が典型?忍者が黒装束になったのはなぜ?手裏剣のイメージはどこから?近世忍者像の典型②:忍術(妖術)を使ってお家や天下転覆を図る近世忍者像の典型③:「忍び」らしい忍者吉丸先生にプチNin-terv...
Return Top