Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

メニュー

武蔵一族「外国人向け忍者体験」裏メニューを美女と満喫してきた!(2/3)

2019-08-13
約 16 分
武蔵一族「外国人向け忍者体験」裏メニューを美女と満喫してきた!(2/3)

美穂ニャンとともに田端の武蔵一族・時代アカデミー道場を訪れたところ、そこに待っていたのは怪しい忍者達。

果たして外国人に大人気の武蔵一族忍者体験ツアーとはどんな内容なのでしょうか?

そして美穂ニャンの運命やいかに!?

忍者体験レポ、第2弾をお届けします!

▼第1弾はこちら

Meditation and Kujikiri(瞑想と九字切り)

DSC_007

美穂ニャンを見下ろしていた得体の知れない忍者がそっと口を開きました。

???
まずは心を落ち着けるために九字切りをしましょう。
美穂ニャン
くじきり・・・?

DSC_008

忍者者作品であれば必ずと言って出てくる「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」からなる九字について丁寧な解説がなされました。

・九字とは何か
・なぜ、どんな時に使うか
・どんな効果があるか
・どうやるのか

大変わかりやすく説明してくれます。

※ちなみにNinjack的な解説は以下の記事に記載があります。

DSC_009

美穂ニャン
なんとなくなんか呪文みたいなものの存在は知ってたけど、その理由などは全く知りませんでした。やってみると、不思議と心が落ち着きますね!

突然ろうそく一本だけの暗闇の中で忍者たちに囲まれて焦った美穂ニャンも、だんだん冷静になってきたみたいです。

Embu Dedication to our ancestors(奉納演武)

DSC_010

続いて忍びの奉納演武が始まります。

写真は明るくしておりますが、ろうそく一本の暗闇の中で動く影は大変かっこよいです!

DSC_012

武蔵一族に伝わる刀・槍・苦無・鎖分銅といった忍者武器たちをいとも簡単に、そして大変滑らかに扱うこの忍び。

DSC_011

その華麗な身のこなしと武器捌きには拙者も目が釘付けになりました。

DSC_013

あ、美穂ニャンも釘付けになってた!

身長よりも高い長さの「野太刀」を悠々と振るう模様がYoutubeに上がっているのでぜひご覧くだされ。

 

美穂ニャン
次々といろんな武器が出てきて、しかもこんな間近で忍者の動きなんてみたことなかったので新鮮でした!しかも見たことのない武器もたくさんで、少し興奮しちゃいました!

Change to a ninja outfit(装束着用)

謎の忍者がようやく自らの正体を晒しました。

???
美穂ニャン、よう参られた。拙者は本日忍者体験の講師忍者・相模です。
美穂ニャン
は、はいっ!よろしくお願いいたします…
相模
本日は忍者体験ということで忍術とはなんたるかをたくさんお伝えいたしましょう。それでは忍び装束に着替えていただきます。ご案内いたしますね。

そう申してパパンと二回手を叩くと、美穂ニャンの背後から何か物音が・・・

DSC_014

??
お呼びでござるか?
美穂ニャン
び、、びっくりした〜…さすが忍者…

さすが忍者、どこに何忍潜んでいるのかわかりません!

※今回の取材用に特別に用意いただいた演出ですので実際にはありません。多分ね・・・

??
ふっふっふ…。それでは案内いたそう。追いて参れ!

DSC_015

道場の中は真っ暗ですから明かりが必要。

これは龕灯(がんどう)と言って忍者が使った懐中電灯のようなモノです。

その作り方に工夫がされていて、龕灯をどの方向に振り回してもロウソクがずっと立っているようになっているのです。

なかなか生で見られるシロモノではありませんね。

これを使って暗い階段を上がっていきます。

DSC_016

美穂ニャン
む…ここも怪しい…あ!忍び装束だ♪

DSC_017

床几の上に丁寧に畳まれた忍び装束です。

美穂ニャン、待ちに待った忍者への大変身となります!

DSC_018

着替え方がわからなくても、イケメン忍者がちゃんと教えてくれます。

DSC_019

忍者に大変身!

DSC_020

美穂ニャン
前から忍者になってみたかったのですごく嬉しいです!いっぱい写真撮ってくださいね♪

そう言って美穂ニャンはダダダッと階段を駆け下りていきました。

DSC_021

Introduction to Ninja weapons(忍具紹介)

DSC_022

着替えを済ませて1Fに降りると、部屋が明るくなっていました。

これから本格的な忍者修行がはじまるようです。

相模
ここからは楽しく忍者を学んでいきましょう!まずは我ら一族の忍者の武器を紹介します。

DSC_023

ずらりと並んだ武器が登場しました!

相模
この武器はすべて、武蔵一族が自前で作っている武器なのです。そのため滅多に見られない武器も多くあります。この中で知っている武器はありますか?

DSC_024

美穂ニャン
コレ、手裏剣ですよね!?知ってます知ってます!
相模
正解です!手裏剣はなんで手裏剣っていうか知ってますか?
手裏剣(しゅりけん)

DSC_025

というやりとりから手裏剣の名前の由来、本来の使い方、どこを狙って打つといいか、などをマンツーマン指導してくれます。

DSC_026

もし忍者大学試験があればこの個別指導で合格間違いなしです!

美穂ニャン
手裏剣の使い方って、持ってたイメージと全然違うんですね〜。大変勉強になりました。早く打ってみたいです(笑)
相模
他の武器も一通り紹介させてください(笑)これは何かわかりますか?

DSC_027

美穂ニャン
う〜ん、なんだろうコレ?あ、追ってきたときに下に投げるやつかな?でももっと鉄っぽかった気がしますけど…

DSC_028

相模
はい、マキビシというものですね。鉄でできた鉄菱が有名ですが、本来はこの菱の実でできたマキビシが使われていたのです。これも一族のくノ一が栽培しているんですよ。
美穂ニャン
え、栽培とかすごい!本格的ですね!

他にも盛りだくさんの忍具が登場しましたので、その一部を一挙公開!

五色枚(ごしきまい)

DSC_030

DSC_031

あの暗号に使う忍者特有の道具ですね。

手甲鈎(てっこうかぎ)

DSC_029

ウルヴァリンじゃありませんよ。

鎖鎌(くさりがま)

DSC_034

DSC_035

いとも簡単に鎖鎌を振り回す相模氏が素敵でした。

鎖分銅(くさりふんどう)

DSC_036

これ扱うのすごく難しそう。

苦無(くない)

DSC_037

DSC_038

苦無って投げるだけじゃないんですね。

こけし(?)

DSC_032DSC_033

これは仕込み武器、その仕掛けにはあっと驚きました!

鉤縄(かぎなわ)

DSC_040

DSC_041

鉤縄は以前忍者の武器として紹介された事件がおきましたね。

ここには載せていない武器もまだまだたくさんありす!

道場二階には江戸時代の忍者が使った武器武蔵一族に伝わるオリジナル武器など、なかなかお目にかかれないモノがたくさんありますのでぜひその目で確かめてみてください!

美穂ニャン
忍者の武器って手裏剣くらいしかイメージがなかったんですけど実に多くの道具があったんですね。しかもすごく丁寧にわかりやすく教えてくれるから賢くなった気がします。友達にドヤ顔で教えたくなっちゃいますね!

Ninja star (手裏剣)

DSC_042

相模
それではお勉強の時間が終わったところでお待ちかねの手裏剣を投げてみましょう!まずは練習用のゴム手裏剣で修行します。
美穂ニャン
やった!お願いします!
対人手裏剣術

DSC_043

相模
それではRIKIYAさん、お願いします
RIKIYA
・・・
美穂ニャン
えーと、この人に向かって投げちゃっていいんですか?
RIKIYA
・・・(コクリ)
美穂ニャン
クールな忍者さんですね…
相模
今はダメですが手裏剣は人に向かって投げるモノでしたからね。相手がサムライの場合、どこを狙って打てばいいかわかりますか?

DSC_046

美穂ニャン
こんな風に刀で構えられると、テレビとかにあるような投げ方だと弾かれるような気しかしませんね…
相模
そう、手裏剣は相手の構えによって打ち方を変えないと効果的な攻撃ができません。先ほど説明したように、忍者は1枚か、多くても2枚しか手裏剣を持てないので、確実に当たるように臨機応変な打ち方を身につけなければならないんです。こう構えて来た時は…
美穂ニャン
難しそうですね…
相模
ではここで手裏剣マスターの蒼志さんにお手本を見せていただきましょう。

DSC_047

蒼志
ふっふっふ…。私が手裏剣マスターです。刮目してご覧いただこう!
美穂ニャン
なんか意外と若くてイケメンの忍者さん多いですよね。
蒼志
ふっふっふ…。手裏剣の腕を見ればさらにハマること間違いなし!とりゃ!

DSC_048

美穂ニャン
あ〜なるほど!ありがとうございます!やってみます!

DSC_045

RIKIYA
・・・(痛い)

そう、武蔵一族の忍術体験ではただ手裏剣を打つだけでない、実践向きの手裏剣打ちを指導してくれます。

美穂ニャン
手裏剣って意外と奥が深いのですね…

DSC_044

本物の十字手裏剣!
相模
さて、次は本物の十字手裏剣を打っていただきましょう。先ほど説明した通り、手裏剣の先端には毒が塗ってありますから持ち方にも注意してください。

DSC_055

美穂ニャン
わ〜ホンモノ!緊張しますね…
相模
では一度手裏剣マスターにお手本をお願いしましょうか。

DSC_053

蒼志
ふっふっふ…。この拙者の手裏剣捌き、とくと味わうがよい!そりゃ!

DSC_054

お調子者の手裏剣マスターですが、板に深々と手裏剣をめり込ませるその破壊力はさすがでした。

さぁ、いざ美穂ニャンの投擲です!

DSC_051

美穂ニャン
ゴクリ…

DSC_056

美穂ニャン
よ〜く狙って…

DSC_057

美穂ニャン
ちょっとなんでそこにいるんですか!当たっちゃうのでどいてください!
蒼志
ふっふっふ…苦しゅうない苦しゅうない。気にせずに打たれよ!
美穂ニャン
も〜刺さっても知らないですからね!

DSC_058

気を取り直して構える美穂ニャン。

DSC_059

果たして手裏剣の行方やいかに!?

その3はこちら

この記事を書いた忍者

Ninjack編集忍(忍者ジャーナリスト)嵩丸
世界各地で活躍する諸将の皆様へ、Ninjack.jpを通じて各地の忍者情報を密告する編集忍者。忍者に関することであれば何でも取材に馳せ参じ、すべての忍者をJackすべく忍んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Feedly
Send to LINE