Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

【Nin-Cinema】映画「真田十勇士」まだ見てない人のための注目ポイント10コ!

【Nin-Cinema】映画「真田十勇士」まだ見てない人のための注目ポイント10コ!




大ヒット公開中!映画「真田十勇士」

「忍者の物語」と聞いて真っ先に思い浮かべるのが「真田十勇士」という方は多いのではないでしょうか。

真田幸村に仕え、徳川家康を追い詰めるのに大活躍した10人の戦士達。

中でもトップ2の人気を誇る猿飛佐助霧隠才蔵は忍者の代名詞とも言える人気です。

真田十勇士は遥か昔の時代から大衆に楽しまれているので、そのお話にはもうベッタベタに手垢がつきまくっているのですが、どの時代でも彼らの忠義と凄技は人々の心を捕らえて離しませんね。

そんな不変の面白さを持つ「真田十勇士」が2014年に中村勘九郎主演にて舞台で公演され、この2016年に映画化されました!

なんとほぼほぼ同じキャストで、舞台の方も同時にリバイバル公演していたいう面白い打ち出し方。

stage10

舞台はもう終わっちゃっているのですが、映画の真田十勇士を見てきましたのでまだ見てない人向けにネタバレにならない範囲で見所をご紹介いたします!

ヘタレの幸村を本物のツワモノに!

sanada2

関ヶ原の戦いから14年。

世は天下統一を目前にした徳川家康と、復権を狙う豊臣家の対立が深まっていた戦国末期の時代です。

一番勢いに乗っている徳川に2度も負けなかった武将として、世間から尊敬を集めていた男の名は真田幸村(加藤雅也)。

しかしこの幸村、実はただ男前な容貌とラッキーが重なって勝ちを拾ってきただけの気弱な腰抜け男であり、実像と虚像の違いに悩んでいたのでした。

幸村はある時、猿飛佐助(中村勘九郎)と運命的に出会います。

忍者の里から飛び出してデカいことを成し遂げたいと思っていた佐助は、幸村を担いで「本物の天下一の英雄に仕立て上げようじゃないか!」と、同じ抜け忍の霧隠才蔵(松坂桃李)を筆頭に仲間を集め、世にいう真田十勇士を誕生させるのです!

猿飛佐助一世一代の「ウソをホントにしてしまう壮大な挑戦劇」が仕掛けられるストーリーとなっています。

一癖も二癖もある十勇士のメンツ!

忍者視点で十勇士作品を見るときは、十勇士メンバーがどんな感じで描かれるのかが一番楽しみなところですよね。

作品によって10人それぞれの立場の設定やキャラクター、さらには得意武器までが違ったりするので、「今回はどんな攻め方で楽しませてくれるのだろう?」とワクワクしてしまいます。

今回の十勇士のメンバーは以下のとおりです!

猿飛佐助

sasuke

忍者の里を飛び出し、真田幸村を天下一の英雄に仕立て上げていく十勇士の中心的存在。

霧隠才蔵

saizo

容姿端麗で頭も切れ、正義感も強い寡黙でクールな天才忍者。 同じ抜け忍仲間の佐助とは、いつも反目しあいながらも固い絆で結ばれている。

三好晴海入道

seikai

霧隠才蔵の子分1。怪力だがあまり頭は良くない。

三好伊佐入道

isa

霧隠才蔵の子分2。兄である三好晴海入道と二人合わせて十勇士に加わる。

由利鎌之介

yrikama

戦国の世に生まれ、戦とともに生きてきた槍の名手。

筧十蔵

kakei

旅の武芸者で実はオネエ。もっこり笑って人を斬る。

真田大介

daisuke

真田幸村の嫡男。望月六郎に剣の指南を受け、幼ながらにも先陣へと繰り出す。

望月六郎

mochi

真田家の剣術指南役。大介に剣を教え、事あるごとに大介をいつも守る忠義のある男。

海野六郎

unnno

真田家の大番頭。頭脳は明晰で、算術はもちろんのこと、武術までも計算して動く。

根津甚八

jinpachi

謎の男。顔や背格好が誰かに似ているが・・・

忍者集団「久々津衆」

そして今回鍵を握る忍者の一族が久々津衆

佐助も才蔵も元はこの久々津衆に属していたが、2人して一族を抜けた。

久々津衆の頭領の娘であり、佐助・才蔵と幼馴染であったくノ一が火垂(ほたる)である。

hotaru

大島優子の演じるくノ一火垂は物語の重要な鍵を握るキーポイント。

その活躍も絶対にお見逃しなく!

オススメポイント10選

saada3

こんなメンバーでお送りする真田十勇士ですが、今回は諸々楽しめるポイントがたくさん隠されています。

ココ注目して見ると面白いよ」って箇所を10ポイントほど挙げてみましたので、これから見る人はぜひ!

1. 最初見る映画間違えたんじゃないかって思う

sanada4

映画が開始してから数分間は

「あれ?見る映画間違えたのかな?」

って錯覚に陥るトリックが隠されています。

なんか幻術にかけられたような気分になりますが、これも忍者の仕業ですので気をつけてくださいね!

2. 中村勘九郎の演技上手すぎ

sasuke2

主人公なので当然かもしれないですが、中村勘九郎演じる猿飛佐助がすっごく生き生きしててイイです。

演技はもちろんのこと、殺陣に至るまで「これぞNINJA!」って感じの所作が見ていて気持ちいいですよ。

跳躍やファイヤーアクションなど存分に堪能してください!

3. マツケン家康のストレッチ体操

ieyasu

敵方となる徳川家康を演じるのは、あの松平健。

家康は史実でも、冬の陣で真田丸の鉄壁防御に苦虫を咬まされ、冬の陣ではその勢いに冷や汗を滲ませます。

地味にしか映ってないのですが、そんな家康のストレッチ体操がちょっと面白かったのでチェックしてみてください。

4. 徳川方のエイエイオーが最高

合戦開始時にでエイエイオーと鬨の声を上げるのが一般的ですよね。

このとき最初に誰かがでかい声で言わないといけないのですが、これを言う人がなんだかすっごく最高の顔してて印象的でした。

「え、そんなもの使うの?」といった感想が出てきます。

あの最初に「エイエイ」って言う人、こんな感じでやってたのかな?と少し調べてみたくなっちゃうくらいです。

こんなのに注目しちゃうの自分だけかもしれませんが、何回か鬨のシーンはあるのでぜひ見てみてください!

5. 大河ドラマの題字・・・?

真田幸村の活躍を描く映画ですから、当然大阪城の究極の出城「真田丸」は登場してきます。

説明が必要な人や場所についてはテロップが入るのですが、真田丸のときだけ大河ドラマ「真田丸」の題字に似てたような。。

確かなことはわからないのですが、もしこのあたりコラボレーションしてたとしたら面白いですね!

6. 冬の陣での真田丸の攻防戦

真田丸での攻防戦は結構長く描かれていて、非常に壮大でいいシーンでした。

今年の大河ドラマ「真田丸」では合戦シーンがそこまで多くないように感じるので、冬の陣の回にはこれくらいの規模で描いて欲しいですね!

7. 夏の陣での猛攻シーンが最高すぎる!

sanada5

今回一番見所なのは、やはり真田幸村が夏の陣で家康の本陣目掛けて突入するシーンです。

映画のクライマックスだけあって、このシーンは臨場感があって見応えのある合戦でした。

息もつかせない場面となってますので、トイレに行きたくならないように開演前に済ませておきましょうね!

8. 傀儡となった久々津衆のうじゃうじゃ忍者

kugutsu

映画で悪者っていったらどうしても黒づくめの忍者集団になってしまうのですが、今回もショッカーみたい忍者がワラワラでてきます。

これはこれでやっぱお約束だと思うので外せませんね。

でも忍者マニアの方はまた違った楽しみ方が。

あの装束って伊賀流忍者店のやつかな?それともドンキホーテの大量生産型のやつかな?

とかいう裏側の視点で楽しむとよいかもしれません!笑

装束のフォルムでだいたいどっちかわかったりしますもんね。

9. 真田幸村の振る舞い

yukimura

顔がいいだけでヘタレの幸村さん。

そのままヘタレで終わり、佐助たちの活躍でなんとかなるものなのか?

それとも何か彼を変えるものはあるのか?

幸村の振る舞いには熱いものがこみ上げてきますので、ぜひともご注目ください。

10. 最後の紙芝居

そして最後エンドクレジットでは、紙芝居のようなストーリーが続きます。

その内容がぶっとびすぎていて、すっごく書きたいんですけど書けませんので、エンドクレジットは飛ばさずに絶対に見てくださいね!

確かにそういう解釈あるかもな〜

って思うと非常にロマンのある内容でしたよ!

劇場へ急げ!

saizo2

時を超えてもいつも人々に愛される真田十勇士

中でも佐助は、初めて忍者ヒーロー的な側面で登場したみんなが憧れる忍者だと思います。

これからもいろんな忍者が出てきて欲しいなと思いますが、やはり佐助と才蔵の二大巨塔は不動の忍者でしょう。

ぜひ過去いろんな作品での佐助や才蔵の描かれ方を比較してみたいですね。

多分ですが、今回の真田十勇士の佐助衣装は戦国バサラの「猿飛佐助」を意識していると思います。

sasuke3

額当てと髪型がそっくりですもんね。

一昔の猿飛佐助はこんなだったんですけどね。

時代によって佐助のイメージはどんどんと変わっていき、各作品がインスパイアし合って進化していっています。

果たして10年後の猿飛佐助はどんな出で立ちになっているのでしょうか?

それは10年後のお楽しみとして、今の忍者像を楽しみたいなら「真田十勇士」をまずはご覧ください!

関連リンク・参考文献

NINJA WRITER

Ninjack忍者ジャーナリストNinjack 編集忍
世界各地で活躍する諸将の皆様へ、Ninjack.jpを通じて各地の忍者情報を密告する編集忍者。
忍者に関することであれば何でも取材に馳せ参じ、すべての忍者をJackすべく忍んでいる。
Return Top