Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

【Nin-News】"日本忍者協議会" 発足記者会見!本物の忍者は「甲賀市長」だけ!?




jnc_logo

各地域連合で忍者を世界へ ”日本忍者協会”が発足

2015年10月9日、一般社団法人 日本忍者協議会(Japan Ninja Council)が発足しました。

3月に発表されてから半年、ついに待望の総合忍者組織ができましたね!

本日記者発表も行われ、なんと歌舞伎界から応援団長の市川海老蔵さんも応援に駆けつけてくれました!

「忍者のコスプレパーティーにお招きいただき、ありがとうございます」と笑いをとった海老蔵さん。

日本忍者協議会では、これからはオールジャパンで忍者を世界にアピールして行きたいとのこと。

忍者なのに表立ってアピールというパラドックスを抱えながらも頑張って欲しいものです。

気になるのは「これから具体的に何をしていくのか?」ですが、少し言及がありました。

■今後の活動予定
 ・2015年12月 100人忍者衣装で東京ウォーク
 ・2016年1月 忍者元年宣言
 ・2016年2月22日 忍者の日
 ・2016年7月 第一回全国NINJAフェスティバル  など

by 共同通信PRワイヤー

他のは過去にもやっていましたが、全国NINJAフェスティバルとは一体なんなんでしょうか?

全国の忍者が一同に介して天下一忍者決定戦を行うとか・・・?

来年の7月が楽しみでなりませんね!

 

その不思議な団体に戸惑いを隠せない人々が続出!

Twitter上では、日本忍者協議会発足のニュースに戸惑いを隠せない人が後を絶えません。

 何人かニンジャスレイヤーさんがまぎれこんでいるみたいですが、確かになんなんでしょうね。

これから見守っていくしかないですね。

また、「忍びなんだから忍べよ」という声も多数です。

確かにこっちの方がおもしろいですね(笑)

「甲賀市長」を除き、みんな忍者ポーズ間違ってる・・・

こんなTweetもあるとおり、見てのとおりご年配の方ばっかりですよね。

会見

こちらに写っているのは県知事や市長の方ばかりです。

「本当の忍者をアピールする」と言うくらいですから、さぞや忍者愛もハンパないのでしょう。

でも・・・ん?ちょっと気になるところがあります。

写真を良く見てください。

みなさんの手に注目いただきたいのですが、これは忍者がやっていた”刀印“というポーズです。

昔の忍者が使った九字護身法の簡易版なのですが、こちらの画像をご覧ください。

Kuji-kiri02

そう、刀印は “右手を刀に 左手を鞘に” 見立てて魔を斬るというちゃんと意味を持ったものなのです。

改めて会見の写真をご覧いただきたいのですが、ほとんどの人が手が逆か、そもそも刀印にすらなっていないんです。

ですが、唯一、ひとりだけ正しいポーズをとっていらっしゃるお方が後列の真ん中にいらっしゃいます。

そう、甲賀市長の中嶋武嗣さんであります。

3月の準備会設立の会見の際も、このお方はしっかりと正しい印を結んでおられました。

 

各発起人の方々のコメントも、甲賀市長だけやっぱり少し違います。

甲賀市の人口は 9 万 3000 人ですが、そのうちの 53 人が忍者の末裔であるといわれています。これから のオールジャパンの忍者ムードを皆さんと一緒に盛り上げていきたいと思っています。

53” という数字にピンと来た方は間違いなく忍者ツウですが、甲賀には戦国時代の頃からいる忍者の家系 “甲賀五十三家” というのがあるのです。

ちょうどこの五十三家の末裔がひとりずつくらいいるのでしょうか。

甲賀市はおそらくそこまでお金はないと思うのですが、本格的な忍者で勝負しています。

市長がしっかり勉強しているからこそ、本物の忍者感がついついこのような場でも滲み出てしまうんでしょうね!

間違った忍者イメージを払拭したいと冒頭でコメントもあったようですので、これから忍者界のトップに君臨する人達には、このような細かいところからでもおろそかにしないでいただきたいものです。

甲賀市長くらいの意気込みで、「本当の忍者像」をアピールしていってほしいものですね。

参考書籍・関連リンク

日本忍者協議会公式サイト:Japan Ninja Council

公式ファンクラブサイト:NINJA CLUB(ティザーサイト)

この記事を書いた忍者

ogp

ninjack編集部
すべての忍者情報を根こそぎ集めたいと思っているNinjackサイトの編集部。
いつかは忍者界の日経新聞にすることを目指している。

NINJA WRITER

Ninjack忍者ジャーナリストNinjack 編集忍
世界各地で活躍する諸将の皆様へ、Ninjack.jpを通じて各地の忍者情報を密告する編集忍者。
忍者に関することであれば何でも取材に馳せ参じ、すべての忍者をJackすべく忍んでいる。
Return Top