Ninjack -すべての忍者をJackする-

すべての忍者をJackする

磯田道史が忍者を語る!甲賀市のパネルディスカッションに潜入!|Nin-Semi

磯田道史が忍者を語る!甲賀市のパネルディスカッションに潜入!|Nin-Semi

忍者の日には影分身の術で甲賀へ

2月22日の忍者の日。

東京では忍者ミーティングがありましたが、甲賀では先日情熱大陸にも出演した磯田道史先生のパネルディスカッションという、ビッグイベントが開催されていました。

忍者の日にイベントが丸かぶりしていると、総合忍者メディアとしてはなかなかしんどい…

Ninjack編集忍

それならば秘伝の影分身の術を使うしかあるまい…

ということで影分身の術を駆使して、実体は東京に置きながら、半身は甲賀市に行って参りました!

甲賀市忍者の日記念事業「隠れる忍者 見つける市役所」をレポートいたします!

ってか見つける市役所って…

さすが甲賀市役所、他の市役所と比べて群を抜いて斜め上行ってますね!

実は2体いるにんじゃえもん

パネルディスカッション会場は「甲賀市あいこうか市民ホール」

周りの参加者を見渡すと、圧倒的に高齢者の方が多かったです!

みんな挨拶しあう感じで、みなさんお知り合い同士なんでしょう。

開演までの間、200人くらいの長蛇の列ができたのですが、待機を癒すためにお出迎えしてくれたのは甲賀のゆるキャラ・にんじゃえもん

Ninjack編集忍

か…かわいい!可愛すぎる!!

って癒されてましたが、高齢者多数のためか周りは薄い反応でした(笑)

そしてにんじゃえもんに更なるひどい仕打ちが…!

役所の人が仲間内モードすぎて、「実はにんじゃえもんは二体いるんですよ〜」とか言っちゃう始末!!

怒るポーズをとったにんじゃえもんでしたが、忍者なので分身の術という事で、それはそれでいいんじゃない?

今回ディスカッションテーマの対象となる渡辺家文書の展示もありました。

「忍法」とか「護身法九字十字」って書いてある!

保存状態も結構よいみたいですね!

 市役所が 歴史学者が 忍者を見つける!

そしていよいよ「隠れる忍者 見つける市役所」のパネルディスカッションが始まります!

磯田先生からは最初に以下のような挨拶がありました。

磯田道史 僕も渡辺家の文書を見るまでは、忍者がいたかどうかを疑っていました。でもこの文書を見たら、忍者がいたことは明々白々で信じざるを得ないんです!その文書にはどんなことが書いてあったのか、この後たっぷり説明させてください。よろしくお願いいたします。

なんという力強いお言葉!

ワクワクせざるを得ませんね!

今回のパネラーは、上記写真の右から以下のメンバーでお送りされます!

 岩永裕貴(甲賀市長)
 畑中英二(県文化財保護課)
 渡辺俊経(甲賀忍術研究会)
 磯田道史(歴史学者)

今回のコーディネートをするのは畑中さんですが、以前甲賀シンポジウムでも忍者について講演された方ですね!

そして、総合的な司会進行を務めるのは甲賀流忍者タレントの前川保志花さん。

高年齢層が多い甲賀にいつも華を持たせてくれる、甲賀のイメージアップに貢献する美人さんです!

渡辺家の古文書を深掘る!

まず最初のテーマは「渡辺家文書が発見され翻刻された意味」についてです。

サマリーとしてまとめましたので、ご確認ください!

渡辺家はどんな忍者だったのか?
畑中 渡辺家文書から見えてきたのは、尾張藩に仕えた忍者であること。その働きは「御用のときだけ出勤する非常勤忍者で、しかも在宅」という非常にユニークな勤務形態をとる忍者だった。
渡辺さんは自分が忍者の末裔であることを知ったのは?
渡辺 62歳まで東京に出て働いていたが、甲賀に帰ってからたまたま同級生だった忍術研究会の会長と出会い、手伝うことになった。そのとき服部先生という方から渡辺善右衛門を知りませんかと聞かれ、その名は私が襲名していた名前だった。どうやら尾張徳川家に使えていた家系だったらしく、それがきっかけで蔵を探してみたら150点もの文書が出てきて、忍びであったことが判明した。親にも爺さんにも聞いたことなかったので本当に驚いた。
なぜ祖先の方々は忍者であることを伝えなかったのか
渡辺 徳川幕府側に仕えていたことは、ひい爺さんの代で明治になると言いづらいことになったはず。そのこともあるし、忍者稼業を今後使うこともなくなったので、子供達には伝えなかったのだと思う。
忍者の末裔と知ってどう感じたか
渡辺 忍者は本来自分たちがしたことを残してはいけないはずなので、文書を書き残していたことには正直驚いた。だがそのおかげで、自分の先祖がどのようなことをしたのかがわかり、その時その時を一生懸命生きていたことが見えてきた。中身にも凄いことが書かれていて、自分の先祖について「なかなかやるじゃん」と思った次第(笑)。
磯田先生はなぜ忍者の研究をするのか
磯田 武士の家計簿の研究が終わった後に次はどうしようか考えたところ、忍者があるじゃないかと思い立った。今は三重大学が研究しているが、10年前までは過去の歴史学者でまともに忍者研究をした人はいない。なぜなら古文書が残っていないから。悔しいじゃないですか。隠れた忍者の奇跡を見つけるのが歴史学者だ!
甲賀の忍者研究に携わったのはどうしてか
磯田 忍者研究をするのに、まずは日本中の藩の職員名簿にあたるものや伊賀町や甲賀町などの町名を当たった。忍者人口が多いのは岸和田藩や会津藩で、甲賀者が多い。紀州藩は伊賀者が多い。岡山藩もかなり忍者が多い。赤穂藩も忍者を数人ではあるが持っていたことがわかった。その中で尾張藩はどうやら忍者という役職としてはなかったものの、荷物運びの中に忍者を忍び込ませているようだった。尾張忍者は故郷を離れて城下町に召抱えられ、忍者の履歴書なども提出していたようで、それを面白がって読売新聞に紹介したら、忍者から電子メールが来た(笑)。そこには「甲賀村の家々には忍者に関する古文書が多く残っているようです。ぜひ甲賀検定の応援に来てください」と。講演はあまり好きではないのだが行くことにしたが、そこで見せられた渡辺家文書の内容にびっくりした。
古文書の中には何が書かれていたのか
磯田 渡辺さんのご先祖様の正式な役職名は「尾張中将様御忍役人」。起請文には、尾張藩の召抱えた5人の忍びが「外部に秘密を漏らさないこと」「戦のときに病気していたら代わりの者を出す」などの記載があった。他の資料からは、この家は庄屋であり、農家であり、50石の土地を持つ家と書かれている。だが、その家には毒殺・薬殺・火薬などの資料がたくさんあるし、明らかにこの甲賀に住みながらも、尾張藩の御用を勤めていたことがわかる。渡辺家文書で忍者がいたことが証明されており、当時の私の通説をひっくり返した。
尾張藩側の人たちはどう思っていたのか
畑中 非常勤忍者ということで、尾張藩の人たちもその甲賀者のことを「なんなんだこいつらは」と疑問に思っていたらしい。尾張藩に残っている資料の中で「なぜか年に1度甲賀者がやってきてしばらくして帰っていくので『あなたたちは何者か』と聞いてみた」と書いてある。

磯田 渡辺家文書のNo.15がおもしろい。尾張藩に仕えた忍者が5人いるのだが、尾張藩がリーダーの木村に対して「甲賀者と言うがどういう由緒なのか。どんな術を使えるのか」と聞いてくる。甲賀者たちは「聞かれても無言でいよう」と裏で示し合わせていた。例えば「君たちの忍術の祖は誰か」と聞かれたら甲賀では「聖徳太子」などと伝わっているのだが、それを言うときっとツッコまれるから。

非常に面白い内容が満載だが、渡辺家文書の本は出るのか
渡辺 現代語訳作業は250ページくらいとなり非常に大変なのだが、渡辺家文書の本を出せないと死ねない。私はもう81歳になるがこの本さえ出せれば安心して死ねる(笑)

畑中 ぜひ渡辺さんには本を出しても生き続けていただきたいが、もうすぐ刊行ができる見込み。

忍者調査団のリーダーが見つかる!

パネルディスカッションは続きます!

甲賀忍者の発掘に関して、なぜ市がバックアップするのかという話題に。

岩永 渡辺家に伝わる文書については、甲賀市としては古文書調査のモデルケースを作りたかったのです。甲賀の中では各家で文書が残っているという報告は何件も受けていますが、どう発掘し、どう調査し、どう後世に伝えていくかを形作りたい。市としても、やはり甲賀にいた忍者というのを正しく発信していく必要があると考えており、新しい価値観を発信するための根拠となる史実を見つけることが大切なのです。
甲賀流忍者調査団「ニンジャファインダーズ」という甲賀忍者の子孫を発掘する動きを行なっているのですが、今大きな壁にぶち当たっています。それはリーダーが不在なことです…どこかにいないですかね、リーダーになってくれそうな人…。

Ninjack編集忍

ん?なんかちょっと流れおかしいw

畑中 それは困りましたね…。リーダーに求められる資質などはあるのでしょうか?

岩永 そうですね…。歴史に対する知識が豊富で、全国でそのようなことを行って来た経験がないとなかなか難しいですね…。

畑中 古文書が読める能力とかも必要ではないですか…?

岩永 そうですねぇ…あとは発信力も重要ですねぇ。あー困ったなぁ。誰かいないですかねぇ…会場のみなさん、誰か知らないですか?

Ninjack編集忍

ちょw なんだこの寸劇は…!

磯田道史 え、僕やりましょうか?調査団長になるんですかね。

岩永 えっ!いいんですか!いいんですか!ありがとうございます!

磯田道史 じゃあやります。

こうして磯田先生が甲賀流忍者調査団のリーダーになることとなりました!

ニンジャファインダーズはこんなやつ!

この寸劇、誰がやろうって考えたんでしょうw

しかもこの時とき甲賀市長が…

岩永 いやぁよかったなんてもんじゃないですよ!全国の自治体が羨ましがります

って言ってて、やっぱりめちゃめちゃ他の自治体意識してましたね(笑)

県ならわかるんですが、全国の忍者関連自治体をライバルとして捉えている甲賀市の目線が高すぎる!

今こそ、この画像を使うことができます!

甲賀は世界のインフラです!

甲賀忍者の魅力についても磯田先生の熱弁が振るわれます!

磯田 僕は甲賀忍者は「世界のインフラ」になるものだと思っています。サービス業に就労している人が7割の今、21世紀のインフラは物語作りです。忍たま乱太郎やNARUTOなどあれだけ人気なアニメがある中、日本が輸出できるのは忍者コンテンツ。だが根底にある現実は抑えておかなければならず「ここからいくら面白くしてもいいけど、本物はこれだ」という忍者を発信しなければなりません。その意味では、甲賀忍者は世界に繋がっていくものになるでしょう。

忍者と聞くとだいたい「伊賀」と周りは言います。伊賀は伊賀でおもしろいのですが、過去に忍術研究家の市長さんがいたりして、すでに伝書などが集められていたり、観光としても整っていてある程度完成されていると思います。それに比べて甲賀は手付かずなのがおもしろいんです!甲賀は忍者が生のまま残っている天然物であることが魅力だと思いますね。

磯田先生のこのコメントに、観衆の甲賀市民の皆様が大拍手!!

Ninjack編集忍

甲賀市が一気に世界規模に…!これは甲賀市による甲賀氏民のための最高なイベントだ…!

その後「あとね」「あとね」と次々にいろんな忍者話をしてくださって、このパネルディスカッションは終了しました。

磯田先生のおっしゃるとおり、甲賀はまだ天然であり、新しく発掘していく作業はとても楽しいですよね!

そして甲賀の皆さんは、自分たちの知らないことをどんどん解き明かしてくれる磯田先生のことが大好き!って感じが伝わって来て、僕もそのぞっこんで一生懸命な甲賀の人たちが大好きです。笑

磯田先生が団長になったことですし、今後もタッグを組んで甲賀の新しい忍者をどんどん発掘してほしいです。

みんなで甲賀を応援しましょう!

NINJA WRITER

Ninjack編集忍(忍者ジャーナリスト)嵩丸
世界各地で活躍する諸将の皆様へ、Ninjack.jpを通じて各地の忍者情報を密告する編集忍者。
忍者に関することであれば何でも取材に馳せ参じ、すべての忍者をJackすべく忍んでいる。
Return Top